鍵やTOP > 日本酒TOP > 日本酒 地域で探す

日本酒 地域で探す

地域別地図

北海道・東北の酒 商品一覧

えぞ乃熊(高砂酒造) 陸奥八仙(八戸酒造)

北海道
えぞ乃熊(高砂酒造)

青森県
鳩正宗・八甲田おろし(鳩正宗株式会社)

青森県
陸奥八仙(八戸酒造)

高砂酒造の歩みは、どこよりも厳しい自然の中で、酒を醸す“開拓”とも言える前人未到の取組の連続でありましたが、その一方で数々の受賞を賜る等輝かしい日々の積み重ねでありました。 昭和50年には、辛口清酒「国土無双」が誕生。 その名は一躍全国に広がりました。

明治32年(1899年)、稲本商店醸造部として創業以来、今日、十和田市で唯一の蔵元として、酒造り100年以上の歴史を持つ。 「鳩正宗」の名は、昭和初期、蔵に棲みついた一羽の白鳩を守り神として祀っていたことに由来します。

青森県八戸市にあるレンガ造りの酒蔵、創業以来、約230年の歴史がある、八戸酒造(はちのへしゅぞう)が創業銘柄『陸奥男山』に変わって、主軸銘柄として10年前に立ち上げた製造量200石ほどの新ブランドです。

白瀑(山本合名会社) 南部美人(南部美人株式会社) 上喜元(酒田酒造)

秋田県
白瀑(山本合名会社)

岩手県
南部美人(南部美人株式会社)

山形県
上喜元(酒田酒造)

白瀑は秋田県の最北の町、青森県との県境に位置する八峰町で誕生します。八峰町は鰰と世界遺産に指定された日本最大のブナ原生林、「白神山地」が有名な小さな町です。白瀑を造る山本合名会社は明治34年創業。

岩手県二戸市は昔から南部の国と称し呼ばれており、素晴らしい自然、風土と豊富な水の恩恵に恵まれた土地で、このことから地名の南部と綺麗で美しい酒質イメージから「南部美人」と命名しました。

酒は人の傍らにあって喜びをさらに歓喜する。まさに飲めば上機嫌になる喜びのもとである。「上喜元」の銘柄はそんな意味が含まれている。平均精米歩合は53%。酒田酒造で醸される90%近くが本醸造以上の特定名称酒である。

出羽桜(出羽桜酒造) 東光(小嶋総本店) 楯野川(楯の川酒造)

山形県
出羽桜(出羽桜酒造)

山形県
東光(小嶋総本店)

山形県
楯野川(楯の川酒造)

「出羽桜酒造」は、明治26年に創業の蔵元です。全国新酒鑑評会金賞受賞を重ね、いち早く吟醸酒の商品化に取り組みました。市販吟醸酒のパイオニアとして、専門家ばかりではなく一般消費者に高い評価を得ています。

『東光』の名で知られる小嶋総本店は、慶長2年(1597年)創業の米沢藩上杉家御用酒屋であり、江戸時代頻繁に「禁酒令」が出された中でも、酒造りを許されていた数少ない造り酒屋のひとつといわれております。

綺麗で透明感のあるお酒の源は標高2236mの鳥海山の伏流水雪が多い山形県は非常に良質で豊富な地下水に恵まれております。 楯野川では、高品質の日本酒を造るため全量酒米での酒造りを行っております。

日高見(平孝酒造) 宮寒梅(寒梅酒造) すず音・ひめぜん(株式会社 一ノ蔵)

宮城県
日高見(平孝酒造)

宮城県
宮寒梅(寒梅酒造)

宮城県
すず音・ひめぜん(株式会社 一ノ蔵)

宮城県石巻市は太平洋と北東北を縦断する北上川の河口に開けた港町です。世界三大漁場のひとつとしても有名です。普通酒の銘柄を【新関】特定名称酒を【日高見】として販売しております。

宮城県大崎市で、大正5年、岩崎酒造の名で創業されました。先祖代々受け継がれてきた、蔵の周囲に広がる自社田で酒米から栽培し、日本酒造りを行っています。代表米は、「愛国」「美山錦」「ひより」です。

1973年、宮城県内の歴史ある銘醸蔵4蔵が企業合同して誕生した一ノ蔵。 一ノ蔵は、創業当時から「良い米を使い、手間暇をかけ、良い酒を造る」という姿勢を貫き、日本酒造組合が定める「手づくりの条件」を満たす伝統の技を生かし続けています。

山和(株式会社 山和酒造店) 寫楽(宮泉銘醸)

宮城県
山和(株式会社 山和酒造店)

福島県
寫楽(宮泉銘醸)

山和酒造店は明治29年、この加美で薬屋さんを営んでいた伊藤 和平衛氏が創業し、現在では7代目蔵元の伊藤 大祐氏がおいしいお酒を造っておられます。

福島県の會津若松市にある観光地としても有名な、鶴ケ城のすぐ近くにある宮泉銘醸は、昭和29年に會津の老舗である春花酒造鰍ゥら分家創業しました。

この商品の一覧に戻る

関東・甲信越の酒 商品一覧

鳳凰美田(小林酒造) 巌(高井株式会社) 越乃寒梅(石本酒造)

栃木県
鳳凰美田(小林酒造)

群馬県
巌(いわお)(高井株式会社)

新潟県
越乃寒梅(石本酒造)

1872(明治5)年に創業。酒名は、蔵が日光連山の豊富な伏流水に恵まれた美田(みた)村という良質な米の産地にあったことから命名。圧巻すべきは、低温発酵に欠かすことのできない小型のサーマルタンクが横一列にずらり約20本。

洗練された力強い美酒「巌(いわお)」。 群馬県藤岡市で「巌(いわお)」を醸す、 高井株式会社 藤岡市は群馬県の南西部に位置し、緑と清流に恵まれた山紫水明な地です。
すべて無濾過商品です。コンセプトでもある「力強い旨味ある酒」です。

「農作業に励む亀田の人々に喜んでもらえる酒を造る。」明治40年、石本酒造の越乃寒梅は、そんな素朴な想いの下に生まれた。やがて、数々の品評会で注目されるようになり、蔵は一歩一歩成長。。

今錦(いまにしき)(米澤酒造) width=

長野県
今錦(いまにしき)(米澤酒造)

 

 

南信州伊那谷のほぼ中央、天竜川の東岸に位置し、明治40年、養命酒発祥の地と同集落である中川村大草にて創業。
豊かな自然環境と良質な水(南アルプスの湧水)に恵まれ、酒米は地元産を使用し造られます。

 

 

この商品の一覧に戻る

北陸・東海の酒 商品一覧

黒龍 石田屋(黒龍酒造) 白岳仙(安本酒造) 菊姫(菊姫合資会社)

福井県
黒龍 石田屋(黒龍酒造)

福井県
白岳仙(安本酒造)

石川県
菊姫(菊姫合資会社)

創業1804年、初代蔵元・石田屋二左衛門以来、手造りの日本酒を追求して来た黒龍。水質に優れた土地柄や松岡藩が奨励したこともあり、全盛期には17を数えた酒蔵も、今となっては石田屋の屋号を持つ黒龍酒造と他一軒。

創業は、嘉永六年(1853年)。生産石数500石程と少量生産ですが、量産体制の蔵では、表現することが不可能な手造り、手作業により一切の妥協を許さない酒造りで、全量袋絞りにこだわり、丁寧な酒造りを行っています。

妥協を排し、手本なき究極を求めて。
日本酒は一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界で類のない独創的でかつ、合理的な醸造法を確立してきました。この先人達が築き上げた技術と精神を基本としながら、新しい技術を積極的に導入してきた菊姫の酒造り。

三重錦(中井酒造場) 白隠正宗(高嶋酒造)

三重県
三重錦(中井酒造場)

静岡県
白隠正宗(高嶋酒造)

 

忍者の里として知られる、三重県伊賀上野市。伊賀上野城の古くからの城下町の一角に「三重錦」を醸す「中井酒造場」はございます。素晴らしい風土と豊富な水の恩恵に恵まれた土地です。年間生産量は何と60石(6000本)。

文化元年(1804年)創業。
富士山と並んで「駿河に過ぎたるもの」と謳われた名僧・白隠禅師ゆかりの松蔭寺のお膝元で酒を造り続け、明治天皇が”國師正宗(こくしせいしゅう)”という勲章を白隠禅師に与えた際に”白隠正宗"と命名した。

 

この商品の一覧に戻る

近畿の酒 商品一覧

松の司(松瀬酒造) 三連星(美冨久酒造) 北島(北島酒造)

滋賀県
松の司(松瀬酒造)

滋賀県
三連星(美冨久酒造)

滋賀県
北島(北島酒造)

地下120Mの大きな岩盤の下を流れる鈴鹿山系愛知川伏流水を仕込み水とし、契約栽培により栽培法を定め十分に審査された酒米山田錦を蔵人がゆっくりと時間をかけてお酒を醸しております。

琵琶湖の南、三重県との県境にある甲賀市は、甲賀流忍者の里としても知られ現在でも忍術屋敷、忍術村などがあります。三連星とは、美冨久酒造で新しく立ち上げた新ブランドのお酒です。

近畿の水瓶「琵琶湖」の東南に位置し、旧東海道に面する場所に北島酒造はあります。鈴鹿山系から湧き出る伏水流と美味しい近江米から造られる酒は、「気に入らなければ一本のお酒も門を出さない」という姿勢を貫いています。

澤屋まつもと(松本酒造) 睡龍・生もとのどぶ(久保本家酒造) 風の森(油長酒造)

京都府
澤屋まつもと(松本酒造)

奈良県
睡龍・生もとのどぶ(久保本家酒造)

奈良県
風の森(油長酒造)

寛政3年(1791年)初代松本治兵衛が京都の地に酒造業、澤屋を創業。 この酒は古い暖簾「澤屋」と名字の「松本」より銘々して居ります。200余年の歴史に育まれた酒文化を継承しつつ、新しい技を探求することを惜しまない。これが澤屋まつもとの魂です。

奈良県、大宇陀町にある久保本家酒造。伊勢街道、熊野街道に通じる交通の要所。造り酒屋として三百年の時を重ねてきた酒蔵が久保本家酒造です。平成16年の仕込みより、「生もと仕込み」が本格的に取り組まれています。

奈良県の南部、大阪府と奈良県との県境に聳える金剛葛城山系の麓の奈良県御所市(ごせし)にある油長酒造は、享保四年(1719年)創業。近くには、旧高野街道 『風の森峠』があり、古事記、日本書記にも登場する風の神を祭る風の森神社があります。

さか松(浪花酒造) 黒牛(名手酒造) 紀土(平和酒造)

大阪府
さか松(浪花酒造)

和歌山県
黒牛(名手酒造)

和歌山県
紀土(平和酒造)

浪花酒造は、旧紀州街道沿いの宿場町、阪南市尾崎町で1716年(享保元年)に創業。大阪で最も古い蔵の一つで、建物の一部は文化庁の登録有形文化財にも指定されております。
非常にコストパフォーマンスが高く、品評会等で非常に評価の高いお酒です。

和歌山市の南方約10qに位置する海南市「黒江」は、室町時代から漆器産地として栄えた職人の街です。 かつて奥まった入り江で、万葉集に「黒牛潟」として詠まれた風光明媚の地で、蔵の付近には黒い牛の形をした岩が浜辺にあったと云われてます。

「平和な時代に酒造りができる喜び」から「平和酒造」と命名。「次世代のスタンダード」になる酒を作るべく若い飲み手にもおいしいと感じていただけるよう、飲みごたえよりも飲みやすさや口の通りのよさを大切にしています。

播州一献(山陽盃酒造) みむろ杉(今西酒造株式会社)

兵庫県
播州一献(山陽盃酒造)

奈良県
みむろ杉(今西酒造株式会社)

浪花酒造は、旧紀州街道沿いの宿場町、阪南市尾崎町で1716年(享保元年)に創業。大阪で最も古い蔵の一つで、建物の一部は文化庁の登録有形文化財にも指定されております。
非常にコストパフォーマンスが高く、品評会等で非常に評価の高いお酒です。

1660年の万治3年に今西酒造は創業されました。現在は三輪そうめんで有名な奈良県桜井市大字三輪に蔵を構えています。主な銘柄は三諸杉(みむろすぎ)です。

この商品の一覧に戻る

中国・四国の酒 商品一覧

一代弥山(中国醸造) 獺祭・だっさい(旭酒造)

広島県
一代弥山(中国醸造)

広島県
西條鶴(西條鶴醸造)

山口県
獺祭・だっさい(旭酒造)

「やすらぎ醗酵房」を運営する中国醸造は、日本三景の一つ・宮島の対岸(広島県廿日市市)にあります。空気の除菌、温度・湿度の調整などで、一年を通じて酒造りの最高の条件をつくり出す四季醸造蔵こそが、昔ながらの伝統的技法を大切に、古来より変わることのない銘酒の味を守る私たちの姿です。

創業明治37(1904)年。ほぼ問屋流通だった商品ラインナップから、婿養子である伊野本真彦専務が6年前より限定流通で「無濾過シリーズ」を発売開始。 その頃から少しずつ酒質を向上させ、近年では酒好きの間でも「最近の西條鶴は変わった」という高評価をいただくまでになりました。

世界シェア5%!今世界で一番人気の日本酒です。獺(かわうそ)に祭と書き「だっさい」と読む一風変わった名前を持つこの日本酒は、山口県の玖珂郡周東町にある旭酒造が造る、日本酒ファンの間でかなり話題になっている酒です。

川鶴(川鶴酒造) 久礼・くれ(西岡酒造店)

香川県
川鶴(川鶴酒造)

愛媛県
千代の亀 銀河鉄道(亀岡酒造)

高知県
久礼・くれ(西岡酒造店)

蔵の裏に流れる清らかで豊富な水を湛える清流“財田川”に鶴が舞い降りたことから初代蔵元が酒名を川鶴と命名しました。財田川は地元では別名“宝田川”とも呼ばれ、田に宝をもたらす水源とされています。
明治24年創業以来、「川の流れの如く、素直な気持ちで呑み手に感動を」の精神が脈々と引き継がれて現在に至っています。

享保初年(1716年)亀岡久平により創業。自然を愛し、人を愛し、蒼い地球を考えた時、企業として果たす役割は、地域の快適環境の創造であり、地元の米・地元の水・地元の空気から醸し出す酒造り、「いのちにこだわる酒造り」にこだわり続けている。

創業天明元年。(1781年)地元[土佐杜氏]が醸す高知最古の造り酒屋。仕込水は地下湧水、四万十川源流名水を使用。又、近年では自社杜氏による吟醸酒づくりに力を入れており、全国新酒鑑評会金賞受賞や、四国清酒鑑評会優等賞受賞などの評価を頂いています。

この商品の一覧に戻る
トップへ戻る