鍵やTOP > ワインTOP > ポムロール > フルール・ド・クリネ 2012

フルール・ド・クリネ 2012

フルール・ド・クリネ

AOC:ポムロール(2nd vin de Ch.Clinet)   色:赤
シャトー・クリネと同じスタッフ・醸造方法で造られており、既存のセカンドの概念を超える独自のスタイルの確立を目指し、2006ヴィンテージから専用のブドウが使われ始めた。ポムロールの優良ヴィニュロンがブドウを提供している。トップシャトーのエレガンスを備えた滑らかで肉感的な口当たり。ポムロールへの入門ワインとして最適!ワイン・スペクテイター91。

在庫:

品番:74051

配送:クール便推奨

価格:5,000円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

紫色がかったガーネット。

Service:

18℃前後

Nez:

フレッシュなチェリーやプラムのジャムのフルーティな香りに黒いスパイスのアクセント。

Garde:

5〜15年

Palais:

果実主体の柔らかさとクリネらしいしっかりとしたストラクチャーのバランスの良さが魅力。

Cepage:

95%:メルロ、5%:カベルネ・フラン

生産者の紹介

シャトー・クリネ

シャトー・クリネ [ Ch.Clinet ] (Pomerol)

オーナー:Jean Louis Laborde
ディレクター:Ronan Laborde
醸造責任者:Romain Ducolomb
コンサルタント:Michel Rolland
所有畑面積:9ha
作付割合:85%:メルロー、10%:カベルネ・ソーヴィニヨン、5%:カベルネ・フラン
平均樹齢:40年
植樹率:約6,600本/ha
収量:20〜25hl/ha
年間生産数:約3,500ケース(フルール・ド・クリネ/約500〜1,000ケース)
収穫:手摘み
発酵:木樽
熟成:60%新樽(バリック)、40%1年落ちのバリック

【シャトー・クリネ概要】

既に19世紀には確固たる名声を得ていたシャトー・クリネ。シャトー・ペトリュスのオーナーであったアーノー家の手に渡るまでコスタン家の所有であり、1980年代初頭にジャン・ミッシェル・アルコートの出現により、劇的な進化を遂げる。彼は既存の概念を打ち破り、グリーン・ハーヴェスト、除葉、ブドウの生理学的熟成を目標とした遅摘み法を確立し、カベルネの比率を下げた。その功績が称えられ、アルコートはワイン評論の世界的権威から2度も『ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー』に選出され、1989年のクリネはワイン・アドヴォケイトにて満点評価を獲得した。

1999年、シャトーの所有権はラボルド家の手に渡り、更なる品質向上の時代を迎えた。ブドウ畑では、将来を見据えた再植プログラムの下、より環境にやさしい栽培法を適用。除草剤やトラクターの使用を極力減らし、可能な限り手作業でブドウを育てる方向に切り替えた結果、ふわふわとした健康な土が蘇った。ブドウの受け場を新たにデザインすることにより、選果のレベルも格段に上げ、今では最高の房しかセラーに入り込めない。

木樽にて発酵後、ワインの熟成には新樽、1年樽、ステンレスタンクが用いられる。現在シャトーは約9haの畑を所有し、『ル・グラン・ヴィーニュ』、『ル・アルジル』そして『ル・プラトー』という、ポムローム村に住む者なら誰もが羨む区画から素晴らしいブドウを生み出している。1haあたり約6,600本のブドウの樹が植えられ、20-25hl/haという低収量のメルロも見受けられる。清澄、濾過なしで瓶詰めされるワインの年間生産数は約3,500ケースである。

関連情報

Pays : France

Region : Bordeaux

Appellation : Pomerol

トップへ戻る