鍵やTOP > ワインTOP > ポイヤック > シャトー・ダルマイヤック 2008

シャトー・ダルマイヤック 2008

シャトー・ダルマイヤック

AOC:ポイヤック/第5級  色:赤
ムートン所有シャトーの中では、メルローの比率の多さからも熟成が早く柔らかな味わいで、早くから楽しめるタイプのワインです。セラーは「ムートン・ロートシルト」に隣接しており、「ムートン・ロートシルト」と「クレール・ミロン」の醸造も担当しているパトリック・レオンとルシアン・ショノーのチームが、ダルマイヤックのワイン造りにも関わっています。
ワインスペクテイター89点!

在庫:

品番:79855

配送:クール便推奨

価格:5,286円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

若々しい明るいルージュ。

Service:

18℃前後

Nez: サクランボ、ローストしたコーヒー、ヴァニラ等 Garde:

5〜15年

Palais:

凝縮感のある果実味に、エレガントなアタック。シルキーなタンニンに、丸みのあるフルボディ。

Cepage:

56%:カベルネ・ソーヴィニョン、22%:メルロー、20%:カベルネ・フラン、2%:プティ・ヴェルド

生産者の紹介

シャトー・ダルマイヤックシャトー・ダルマイヤック [Chateau d'Armaillac]

AOC:ポイヤック(メドック)
格付け:第5級
オーナー:バロン・フィリップ・ド・ロートシルトS.A.
栽培面積:69ha
作付割合:53%:カべネ・ソーヴィニヨン、34%:メルロ、11%:カベルネ・フラン、2%:プティ・ベルド
平均樹齢:43年
密植度:10.000本/ha
醸造:手摘みで収穫、発酵はステンレスタンクで15〜20日間、その後オーク樽(新樽率25%)で15〜16か月マセラシオン。

歴史:
「シャトー・ダルマイヤック」は、「フィリップ・ド・ロートシルト男爵」がポイヤックに所有していた3つのシャトーの1つ。男爵がこのシャトーを手に入れた1933年当時は、「ムートン・ダルマイヤック」と呼ばれていましたが、1956年に「ムートン・バロン・フィリップ」と改称され、1975年には翌年に他界した男爵夫人の名前を取って「ムートン・バロンヌ・フィリップ」と改められました。なお、1989年のヴィンテージからは、再びこの「ダルマイヤック」という名称に戻っています。
ラベルに描かれている絵は、シャトー・ムートン・ロートシルトのワイン美術館に展示されている18世紀の“小さなバッカス(酒の神様)”の複製です。

その他生産ワイン:
- Ch.Mouton Rothshild Le Petit Mouton de Mouton Rothshild(2nd)、Aile d'Argent(blanc)
- Ch.Clerc Milon
- Opus One(California)
- Almaviva(Chile)
- Domaine de Baron'arques(Pays d'Oc)

関連情報

Pays : France

Region : Bordeaux

Appellation : A.O.C.Pauillac

トップへ戻る