鍵やTOP > ワインTOP > ボルドー > シャトー・フィジャック 2006

シャトー・フィジャック 2006

シャトー・フィジャック 2006

AOC:サンテミリオン・グランクリュ / 第1特別級B  色:赤
長熟でありながらしなやかなボディで人を魅了するこのワインは、完熟したカベルネに由来するほかのシャトーが真似のできない、豊満なボディを持つ、サンテミリオンを代表する銘柄の一つ。ワインプレスが軒並み高い評価を付ける2006年ヴィンテージ。ワインジャーナル誌で91〜93点、ワインアドボケイトで90点!ル・クラスマンはシャトー・オーゾンヌに次ぐダブルスター評価で18/20点!ワインスペクテーター誌89〜91点!ゴーミヨ誌四ツ星で18/20点!

在庫:

品番:70619

配送:クール便推奨

価格:11,667円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

ルビー色がかったガーネット色。

Service:

18〜20℃

Nez:

クレーム ド カシス、干したブラックベリー、杉、ミント、ピーマン。芍薬、クローヴや甘草のニュアンス。ジビエなど。

Garde:

10〜30年

Palais:

砂礫質土壌から生まれるこのワインのスタイルはメドックのワインに似て、カベルネの力強さを感じる。クラシカルな雰囲気の上品でエレガントな味わい。

Cepage:

35%:カベルネソーヴィニヨン、30%:メルロー、35%:カベルネフラン

生産者の紹介

シャトー・フィジャック シャトー・フィジャック [Ch.Figeac]

格付け:サンテミリオン・グランクリュ / 第1特別級B
オーナー:テイエリ・マノンクール(Thierry Manoncourt)
所有畑面積:40ha
作付割合:35%:カベルネ・ソーヴィニヨン、30%:メルロ、35%:カベルネ・フラン

【シャトー・フィジャック概要】

現在のシャトーフィジャックは18世紀にはシュヴァル・ブランも含む広い地所だったものが分割されたものです。
1981年に所有者となった農業技術者のティエリー・マノンクールが、ブドウ栽培とワイン造りの研究を積み改革を行いました。土壌はシュヴァルブランに似ていますが、フィジャック特有の砂礫土壌にはカベルネソーヴィニヨンが適するとして、サンテミリオンでは例の無いほどの高い比率で栽培するようにしました。ブレンドにも多くのカベルネ種が含まれるため、ワインは非常に色が濃く、力強いフルボディ。今やフィジャックはサンテミリオンで最も力強く、上品でエレガントなワインとして高く評価される人気のシャトーです。

関連情報

Pays : France

Region : Bordeaux

Appellation : Saint-Emilion

トップへ戻る