鍵やTOP > ワインTOP > ボルドー > シャトー・パタッシュ・ドー 2011

シャトー・パタッシュ・ドー 2011

シャトー・デュ・オーマレ

AOC:メドック   色:赤
エリゼ宮殿御用達ワイン!品質・コストパフォーマンスの高さから、ルーカ・カルトン、トロワグロ、ミシェル・ブラなどのフランス有力レストランからも絶大な支持を得ています♪近年、シャトー・マルゴー、ラトゥール、ラフィット・ロートシルト、 レオヴィル・ラスカーズなどを手掛ける、実力派のエリック・ボワスノをコンサルタントに招いています。

在庫:

品番:74115

配送:クール便推奨

価格:2,814円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

紫色がかったガーネット。

Service:

18℃前後

Nez:

カシス、ブラックベリー、などの黒い果実の香り。杉、土、クローブやブラックペッパー、等。

Garde:

5〜20年

Palais:

味わいは複雑で、果実味豊かで芳醇。上質なタンニン。

Cepage:

60%:カベルネ・ソーヴィニヨン、30%:メルロ、5%:カベルネ・フラン、5%:プティ・ヴェルド

生産者の紹介

シャトー・パタッシュ・ドーシャトー・パタッシュ・ドー [Ch.Patache d'Aux]

AOC:メドック
格付け:クリュ・ブルジョワ・シューペリュール
オーナー:ラパリュ家(Domaines Lapalu)
コンサルタント:エリック・ボワスノ(Eric Boissenot)
所有面積:70ha
畑の平均樹齢:40年
作付比率:
60%:カベルネ・ソーヴィニヨン、30%:メルロ、7%:カベルネ・フラン、3%:プティ・ヴェルド

[ シャトー・パタッシュ・ドー概要 ]

シャトー・パタッシュ・ドーの名前の由来は、メドックを縦横に走っていた乗合馬車から名付けられました。 かつて、アルマニャック伯爵の子孫であったオー騎士団が小石混じりの街道を走った乗合馬車(パタッシュ)を停泊させた場所だったのです。

エチケットに描かれた、可愛らしい一台の乗合馬車が、当時の様子を連想させます。
昔は馬車に揺られる長旅の時代であり、旅人は一杯の美味しいワインで乾いた喉を潤していました。
シャトー・パタッシュ・ドーのようなワインは当時まだ生産はされていませんでしたが、やがてワインの醸造の歴史が始まります。

ラパリュ家(Domaines Lapalu)がこのシャトーを所有したのは1964年のこと。
設備の近代化、良質なブドウの育成により、ほどなくしてクリュ・ブルジョワのレベルを超越したシャトーの一つと評されるようになりました。

当時、いくつかのクリュ・ブルジョワのシャトーが、ワインの質の高さに比例するかのように価格を上げていきました。
しかし、パタッシュ・ドーは、コストパフォーマンスを高めることに重点を置き、価格を抑え続けたのです。

1990年代後半、一流と言われる多くのシャトー・ワインが国外で人気を博する中、フランス有力レストランに支持を得て、 パタッシュ・ドーは本国フランスで不動の地位を築きました。
「申し分ない酒質の高さと、満足のいく価格」と、フランス、ガストロノミー界はシャトー・パタッシュ・ドーを高評価。
評論家の中には、メドック格付け第2級の実力があると評価する方がいる程です。

関連情報

Pays : France

Region : Bordeaux

Appellation : Medoc

トップへ戻る