鍵やTOP > ワインTOP > ボルドー > シャトー・ド・ヴァランドロー 1992

シャトー・ド・ヴァランドロー 1992

シャトー・ド・ヴァランドロー 1992

AOC:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ   色:赤
サンテミリオンで、“短期間でこれだけ値上がりした(成功した)ワインは今までなかった”と憧れのシンデレラワイン!! ワイン界の風雲児ジャン・リュック・テュヌヴァンが造る銘酒!92年は“傑作”と言われ、コレクターが探し回るヴィンテージ!

在庫:

品番:70893

配送:クール便推奨

価格:26,429円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

ふちがオレンジがかった深みのあるガーネット色

Service:

18〜20℃

Nez:

さくらんぼ、熟した赤い果実、ロースト香と腐葉土など

Garde:

〜40年

Palais:

上品なタンニンとバランスの取れた
柔らかい果実味のあるワイン。

Cepage:

70%:メルロー
30%:カベルネ・フラン

生産者の紹介

シャトー・ド・ヴァランドロー シャトー・ド・ヴァランドロー[Chateau de Valandraud]

AOC:サンテミリオン
各付け:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
オーナー:ジャン・リュック・テュヌヴァン
所有畑面積:ha

シャトー・ド・ヴァランドローは、サンテミリオンのほぼ中心地にあるシャトーです。
特に格付けされているわけでもない小規模な生産者が造っている、例えばガレージのような施設で造られているワインを「ガレージ・ワイン」と呼びます。こういった小規模な生産者がとても素晴らしいワインを造り出し、話題になったものではポムロール(Pomerol)の「シャトー・ル・パン(Chateau le pin)」が有名ですが、このシャトー・ド・ヴァランドローはサンテミリオンで最初の有名なガレージ・ワインと言われています。
なお、急激に有名になり価格の高騰したこれらシャトーのワインは、その生い立ちを比喩して「シンデレラワイン」とも呼ばれます。
ファースト・ヴィンテージが1991年という新しいシャトーですが、生産されるワインの評価は高く、この短期間でこれだけの商業的成功を収め、価格の高騰したシャトーは他に無いとも言われます。
ワイン生産の指揮をとるジャン・リュック・テュヌヴァン氏は、ガレージ・ワインのブームを象徴する人物として知られており、近隣のワイン造りにおけるコンサルタントとしても活動をしてきました。そういった意味では、ボルドー右岸と呼ばれる地域で大きな影響を及ぼした1人と言えます。
醸造では有名なコンサルタントのミシェル・ロラン氏も携わり、低温マセレーション、樽内マロラクティック発酵、新樽100%による18?20ヶ月熟成を行います。 清澄、濾過は行っていません。
ファースト・ワインである「シャトー・ド・ヴァランドロー」の他、異なる区画のブドウから造られる「ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー(Virginie de Valandraud)」や、セカンド・ワインとして「トロワ・ド・ヴァランドロー(3 de Valandraud)」が造られています。

関連情報

Pays : France

Region : Bordeaux

Appellation : Saint-Emilion

トップへ戻る