鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ 赤 > シャルム・シャンベルタン キュヴェ・ユニック・レゼルヴ 1996 / 生産者:ドメーヌ・アルロー

シャルム・シャンベルタン キュヴェ・ユニック・レゼルヴ 1996

シャルム・シャンベルタン キュヴェ・ユニック・レゼルヴ

AOC:シャルム・シャンベルタン・グランクリュ  色:赤
シャルム・シャンベルタンの最良の区画に1.14 haを所有。「キュヴェ・ユニック」とは「たった一つのキュヴェ」の意。このワインはエルヴェ・アルロー氏のもの。1997年からは、息子のシプリアン・アルロー氏が実質的にドメーヌに加わり、ラベルも変更している。変わらず描かれているカーヴは、ニュイ・サン・ジョルジュ村に14世紀から伝わる歴史のあるもの。

在庫:

品番:79899

配送:クール便推奨

価格:14,000円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

 

Service:

16〜18℃

Nez:

 

Garde:

〜10年

Palais:

 

Cepage:

100%:ピノ・ノワール

生産者の紹介

ドメーヌ・アルロー(カーヴ)

ドメーヌ・アルロー [Domaine Arlaud]
(Morey-Saint-Denis / Cote de Nuits)

当主:シプリアン・アルロー(Cyprien ARLAUD)
醸造・販売責任者:シプリアン・アルロー(Cyprien ARLAUD)
所有畑面積:15ha
葡萄の平均樹齢:30〜50年

エルヴェ・アルロー(Herve ARLAUD)

所有アペラシオン:
- BOURGOGNE ALIGOTE
- BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN
- HAUTES COTES DE NUITS CHARDONNAY
- BOURGOGNE [RONCEVIE]
- GEVREY CHAMBERTIN
- MOREY SAINT DENIS
- CHAMBOLLE MUSIGNY

シプリアン・アルロー(Cyprien ARLAUD)

- MOREY 1ER CRU LES MILLANDES
- MOREY 1ER CRU AUX CHESEAUX
- MOREY 1ER CRU LES BLANCHARDS
- MOREY 1ER CRU LES RUCHOTS
- CHAMBOLLE 1ER CRU [LES SENTIERS]
- CHAMBOLLE 1ER CRU LES NOIROTS
- CHAMBOLLE 1ER CRU LES CHATELOTS
- GEVREY 1ER CRU AUX COMBOTTES
- CLOS DE LA ROCHE GRAND CRU
- CLOS ST DENIS GRAND CRU
- CHARMES CHAMBERTIN GRAND CRU
- BONNES MARES GRAND CRU

【ドメーヌの歴史】

ドメーヌ・アルローは、モレ・サン・ドニ村に本拠を置くドメーヌで、その起源は、アルデーシュ県出身のジョセフ・アルロー(Joseph ARLAUD)が、戦時中ブルゴーニュのルネ・アミオ(Renee AMIOT)と出会い結婚、1942年にドメーヌ創設。1949年に完了されたルネ・アミオの贈与財産の中に、その美しいブドウ畑も含まれていた事にある。
そして、1970年代から元詰め(ブドウ畑の所有者自身による醸造、瓶詰)を開始しました。
また、彼は、1966年にワインの熟成・保存のためにニュイ・サン・ジョルジュ村の14世紀から使われている古いカーヴを購入。現在でもそれは使用されており、アルローのラベルにはそのカーヴの様子が描かれています。

1982年より父のジョセフ・アルローに代わってエルヴェ・アルロー(Herve ARLAUD)が当主となり、徐々に畑を買い足し、現在は15haの畑を所有。モレ・サン・ドニ村を中心に、ジュヴレ・シャンベルタン村とシャンボール・ミュジニー村の最良の区画に畑を所有しています。
現在は、エルヴェ氏が60歳で引退、当主が息子のシプリアン(Cyprien・兄)氏に移り、
シプリアン(醸造・販売責を担当)は1997年から、2003年からロマン(Romain・弟)(醸造と葡萄畑の管理)、2004年から、ベルティーユ(Bertille・妹)(畑を耕す全ての馬の管理)が、共にドメーヌで働いています。

元々、フランス国内では評価の高かったドメーヌですが、1998年からシプリアン氏の采配で、リュット・レゾネ方式(化学肥料や殺虫剤、除草剤を使用せず必要な時だけに最小限の農薬を使用し、土壌本来の性質を生かす方法)を採用し、さらに、2004年からはビオロジック(全く農薬を使用しない農法)に移行。馬による耕作を行うなど、よりテロワールを表現するために徹底して自然な状態にこだわるブドウ栽培を行っています。
シプリアン氏の品質に対するこだわりは徹底しており、一定の基準に満たないブドウや樽は全てネゴシアンに売却し最高水準のものだけがドメーヌの名で瓶詰される仕組みになっています。

今やフランス国内だけでなく、ロバート・パーカー氏やイギリスのジャーナリストからも、ブルゴーニュの若手筆頭株として高い評価を受けています。

関連情報

Pays : France

Region : Bourgogne

Appellation : Charmes Chambertin

トップへ戻る