鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ赤 > ポマール・レ・ヴォーミュリアン / 生産者:クールセル

ポマール・レ・ヴォーミュリアン 2007

ポマール・レ・ヴォーミュリアン / 生産者:クールセル

AOC:ポマール   色:赤

ヴォーミュリアンは、ちょうど1級畑のリュジアン(Rugiens)の上方に位置するの村名アペラシオン(0.35ヘクタール)。畑は北東を向いている。樹齢40年のブドウの樹はカシスや白の果実やマンゴーの香りを持ったスパイシーなワインをつくり出す。1級畑のもと同じかそれ以上に長熟な、男性的な味わいのワイン。

在庫:

品番:70531

配送:クール便推奨

価格:6,745円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

ルージュ色がかった濃いガーネット。

Service:

15〜16℃

Nez:

カシスや白の果実やマンゴーの香り、オリエンタルスパイスなど。

Garde:

5〜30年

Palais:

非常に男性的で骨格のあるスパイシーな味わい。熟成が楽しみなワイン。

Cepage:

100%:ピノ・ノワール

生産者の紹介

生産者:クールセル ドメーヌ・ド・クールセル [Domaine de Courcel]
(Pommard / Bourgogne)

オーナー:アンリオ家(シャンパーニュ)
醸造責任者:イヴ・コンフュロン(Yves Confuron)
所有畑面積:8ha
栽培方法:リュット・レゾネ。低収量でタンニン分が完熟するために、徹底した遅摘みを行う。
醸造方法:新樽比率は約30%。18〜24ヶ月の樽熟成後に、ノンフィルターで瓶詰め。

【ドメーヌ概要】

ドメーヌの創設は16世紀。この伝統と格式あるドメーヌも、オーナーのワイン造りに対する情熱により大きく左右されてきました。
ボランジェやシャンソンなど所有する現オーナー、アンリオ家が買収したことにより、ドメーヌに転機が訪れます。
このドメーヌの自慢は、モノポールの1級畑グラン・クロ・デ・ゼプノですが、それまでは宝の持ち腐れとも言える状況に甘んじてきました。 しかし1996年、ヴォーヌ・ロマネ村のドメーヌ・コンフュロン・コトティドの、イヴ・コンフュロン氏を栽培・醸造の責任者として以来、品質はうなぎ登りとなりました。1999年ヴィンテージより革新的に内容がよくなり、フランス国内の評価が急騰しました。2001年ヴィンテージはクラスマン誌で2ツ星の評価を得る等、今やその名声は揺るぎないものになりつつあります。

栽培においては、リュット・レゾネで土壌のパワーを最大限に引き出す努力を惜しみません。量産ではなく、良質を目指して、低収量で健全なブドウを育てています。 また、タンニン分が完熟するために、徹底した遅摘みを行います。ブドウの健全さが徹底して管理されるようになった現在、かつてこのドメーヌのワインが持っていた青さ、えぐみは一切消え去りました。「葡萄本来の深い味わいが存分に楽しめるワイン」をもっとうにワイン造りに励んでいます。

関連情報

トップへ戻る