鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ赤 > シャンボール・ミュジニー 2009 / 生産者:アラン・ユドロ・ノエラ

シャンボール・ミュジニー 2009

シャンボール・ミュジニー 2009 / 生産者:アラン・ユドロ・ノエラ

AOC:シャンボール・ミュジニー    色:赤
近年、クオリティ、評価ともに上がってきている注目のドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。11もの分散した区画を村名シャンボール・ミュジニーに所有。平均樹齢は50年以上!そのワインはまさにシャンボール・ミュジニーの縮図!シルキーな喉越しはシャンボールならではの醍醐味。

在庫:

品番:70947

配送:クール便推奨

価格:6,543円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

ルビー色がかった明るい色調のルージュ。

Service:

18℃前後

Nez:

カシス、ストロベリー、ブラックベリーなどの果実、熟したオリーブ、リコリス等。

Garde:

10〜20年

Palais:

舌触りは驚くほど滑らかで、エレガントな余韻。

Cepage:

100%:ピノ・ノワール

生産者の紹介

ドメーヌ・アラン・ユドロ=ノエラ

ドメーヌ・アラン・ユドロ=ノエラ
[Domaine Alain HUDELOT-NOELLAT]

(Vosne-Romanee / Cote de Nuits)

当主:シャルル・ヴァン・カネット(2008年〜)
所有畑面積:10ha
平均樹齢:40年
所有アペラシオン:
【グラン・クリュ】
- クロ・ド・ヴジョー (0.69ha)
- リシュブール (0.28ha)
- ロマネ・サン・ヴィヴァン (0.48ha)
【プルミエ・クリュ】
- シャンボル・ミュジニー・レ・シャルム (0.21ha)
- ヴジョー・レ・プティ・ヴジョー (0.65ha)
- ヴォーヌ・ロマネ・レ・マルコンソール (0.14ha)
- ヴォーヌ・ロマネ・レ・シュショ (0.45ha)
- ヴォーヌ・ロマネ・レ・ボーモン
- ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ミュルジェ (0.68ha)
【ヴィラージュ】
- シャンボル・ミュジニー (1.85ha)
- ヴォーヌ・ロマネ (0.77ha)
- ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・バ・コンブ
【レジオナル】
- ブルゴーニュ・ピノ・ノワール (2.8ha)
- ブルゴーニュ・パストゥグラン
- ブルゴーニュ・アリゴテ

醸造:
除梗は基本的に100パーセント。年によっては1割ほど果梗を残す。低温のマセラシオンは1週間前後と長めにおこなうが、ドライアイスを用い、極力酸化を防ぐ手立てを講じている。そして野生酵母によるアルコール発酵となり、温度は最高で摂氏32度から33度まで達する。新樽はブルゴーニュACには使用せず、ヴィラージュで2割、プルミエ・クリュで3割から5割、グラン・クリュで5割という比率で、16ヵ月から18ヵ月間の熟成。瓶詰め前、1回のオリさげのみで、清澄とフィルターは行わない。

【ドメーヌ概要】

ヴージョ村に本拠地を置き、ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニーを中心に10haの畑を所有、 近年、クオリティ、評価ともに上がってきている注目のドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。 1988年まで屈指のドメーヌとして君臨した、 “シャルル・ノエラ”の畑の一部を所有している事で知られています。

このドメーヌの起源は、創始者であるアラン・ユドロ氏が、前述の名門ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘にあたるオディル夫人と結婚したことに始まります。 オディル夫人はシャルル・ノエラが所有していたリシュブールを始めとするグラン・クリュの数々を携えアラン・ユドロ氏のもとへ嫁いできました。
これ以外のシャルル・ノエラの他の畑のほとんどとバック・ビンテージ、さらには醸造設備にいたるまで、 ルロワに売却されていることを知れば、このアラン・ユドロ・ノエラが所有する畑がいかに素晴らしいかお分かりいただけるでしょう。
アラン・ユドロ・ノエラは、かつてクロ・ド・ヴージョ内の3か所の区画を所有していましたが、望む品質が得られないとして売却した経緯があります。
ぶどうはヴォーヌ=ロマネのシュショで80年、サン=ヴィヴァンの70年など超ヴィエーユ・ヴィーニュが見られるものの、他のアペラシオンやクリマも総じて樹齢は高く、2ヘクタール近くあるシャンボル=ミュジニーACも50年以上となっていて、最も若いぶどう樹でも1980年代の植え付け。

現在ワイン造りを行うのは、創始者であるアラン・ユドロ氏の孫であるシャルル・ヴァン・カネット氏。
1988年生まれ、いまだ20代でありながら 祖父であるアラン・ユドロ氏より、ブドウ栽培、醸造、マーケティングにいたるまでドメーヌの仕事のほとんどを委ねられています。
シャルル氏は学生時代にボーヌで醸造学を学び、 ニュージーランドやジュヴレ・シャンヴェルタンのジャン・ルイ・トラペなどで修業。 2008年から本格的にアラン・ユドロ・ノエラの仕事に携わるようになりました。 彼の造るワインはアラン氏が手掛けていたワイン同様、 十分な飲み応えとエレガンスを兼ね備えたワインに仕上がっています。 ロバート・パーカーからも高く評価され、「探し求めてでも、手に入れたい宝石のようなワイン」と称されています。

関連情報

Pays : France

Region : Bourgogne

Appellation : Chambolle Musigny

トップへ戻る