鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ白 > ピュリニー・モンラッシェ・クラヴォワヨン / 生産者:ドメーヌ・ルフレーヴ

ピュリニー・モンラッシェ・クラヴォワヨン 2009

ピュリニー・モンラッシェ・クラヴォワヨン / 生産者:ドメーヌ・ルフレーヴ

ルフレーヴの看板ワインの一つクラヴォワヨン。 ピュリニーのアペラシオンのほぼ中央に位置し、ルフレーヴは広さ5.5ヘクタールのうちほとんどといっていい4.7ヘクタールを所有。熟成は他のプルミエ・クリュよりやや早いとも言われる。安定した完成度の高いワインで、ルフレーヴの力量を知るにはうってつけの1本となっている。 2009年は2005年以来の夏の好天に恵まれ、リッチで果実味とミネラル豊かな傑出した出来となった。ドメーヌが推奨する飲み頃は2014年以降。

在庫:

品番:70579

配送:クール便推奨

価格:11,829円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

 

Service:

 

Nez:

 

Garde:

 

Palais:

 

Cepage:

 

生産者の紹介

ドメーヌ・ルフレーヴ

当主:アンヌ=クロード・ルフレーヴ(Anne Claude Leflaive)
所有畑面積:23ha
畑の平均樹齢: 30年
所有畑:
【グラン・クリュ】
Montrachet (0.0821ha)
Chevalier-Montrachet (1.99ha)
Batard-Montrachet (1.91ha)
Bienvenues-Batard-Montrachet (1.15ha)
【プルミエ・クリュ】
Puligny-Montrachet Les Pucelles
Puligny-Montrachet Les Folatieres
Puligny-Montrachet Les Combettes
Puligny-Montrachet Le Clavoillon (4.7ha)
Meursault sous le Dos d'Ane
【ヴィラージュ】
Puligny-Montrachet (total4.64ha)
Macon Verze
【レジオナル】
Bourgogne (total3.24ha)

歴史:
ドメーヌの歴史は1580年まで遡ることが出来るが、ピュリニーでのワインづくりを開始するのは18世紀初頭、 そして現在の姿となるのは前世紀の始め。
1920年代より評価は高かったが、今日の世界的名声は、1990年よりドメーヌを引き継いだ現在の女性当主アンヌ=クロードの父ヴァンサン(〜1993年)と 彼の兄ジョー(〜1982年)によって築き上げられた。

現在ぶどうの栽培は、プレパラートの使用や月の満ち欠けに即した耕作など厳密なビオディナミとなっている。
その取り組みは1989年と、アンヌ=クロードが継承したのと前後する時期からで、ピュリニーにおけるビオディナミの先駆的存在でもある。
また一部の区画では耕作に馬を使用するなど、ビオディナミに加え、テロワール重視の姿勢が貫かれている。
さらにぶどう樹の改植もローテーションを組み、例えばクラヴォワヨンの場合、1959、1960、1962、1972、1973、1981、1983、1988年という具合で こまめに植え替えをおこなっている。
2008年7月、1989年から務めてきたピエール・モレに替わってエリック・レミーが醸造長に就任した。

 

関連情報

トップへ戻る