鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ白 > ピュリニー・モンラッシェ・レ・コルヴェ・デ・ヴィーニュ / 生産者:マロスラヴァック・レジェ

ピュリニー・モンラッシェ・レ・コルヴェ・デ・ヴィーニュ 2009

ピュリニー・モンラッシェ・レ・コルヴェ・デ・ヴィーニュ

AOC:ピュリニー・モンラッシェ  色:白
フランス有名レストランではいち早くオンリスト!シュヴァリエ・モンラッシェがある斜面から斜めに同じ土壌が走る為、ムルソー側に隣接する区画ながら、ピュリニーらしさを表現する土壌。シャープな酸、キレのあるミネラル感に、ムルソーのふくよかさが偉大な村名ワインとなっている。

在庫:

品番:70536

配送:クール便推奨

価格:4,930円(税込・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある黄金色のローブ。

Service:

10〜13℃

Nez:

グレープフルーツ、レモン、花梨、ハチミツ、ミネラル、バター、アーモンド、バニラ等。

Garde:

〜15年

Palais:

ふくよかでボリューム感のあるワンランク上の村名ワイン。

Cepage:

100%:シャルドネ

生産者の紹介

ドメーヌ・マロスラヴァック・レジェ

ドメーヌ・マロスラヴァック・レジェ
[Domaine Maroslavac Leger]

(Puligny Montrachet)

当主:ローラン・マルスラヴァック
栽培面積:8ha

【ドメーヌ・マロスラヴァック・レジェ概要】

ブルゴーニュ白ワインの産地、ピュリニー・モンラッシェ村。その限られた畑は、大手ネゴシアン、非居住貴族系所有者、そして古くからの名門家(ルフレーヴ家・シャヴィ家など)に多くを占められ、独立系小規模ドメーヌが所有する畑はごくわずかにとどまる。それゆえ、世界的な価格高騰の進め著名なピュリニー村にあって、“新星”の数は少ない。そんな中、絶好の畑を数多く所有しその大部分を長年ネゴシアンにバルクで卸していたという“新星”の候補がマロスラヴァック・レジェ家。

すでに目ざといワイン商や著名レストランのソムリエがこのドメーヌに殺到し始めている。当主はクロアチア系のローラン・マルスラヴァック氏。栽培面積は計8ヘクタールで、シャルドネの畑が大半を占め、アリゴテとピノ・ノワールも若干栽培している。90年代に入るまでは、ワインのほとんどをネゴシアンに販売。現在も、最高の区画の最良のぶどうのみを、ドメーヌとして瓶詰め、完全予約制で確保しそれ以外のぶどうは、やはりネゴシアンに売却している。

ドメーヌ・ステファン・マロスラヴァック・トレモーは、祖父の系列のあたる。
近年、クラスマンに掲載されるなどして、フランス国内での評価が高まっている。フランス有数のグラン・メゾンではオンリストされ、その品質の高さとエレガンスが認められている。

関連情報

トップへ戻る