鍵やTOP > ワインTOP > ブルゴーニュ白 > ムルソー・1erクリュ・レ・ジュヌヴリエール 2009 / 生産者:レミ・ジョバール

ムルソー・1erクリュ・レ・ジュヌヴリエール 2009

ムルソー・1erクリュ・レ・ジュヌヴリエール 2009 / 生産者:レミ・ジョバール

AOC:ムルソー・1erクリュ   色:白
ムルソー屈指の実力派ドメーヌ!フランスの3つ星レストランやワイン・アドヴォケイト誌などに高い評価。彼の造るムルソーは生産本数が限られているため、世界中から引き合いがあります。3つの1級畑の中でも、「レ・ジュヌヴリエール」は最も糖度の高い完熟したフルーツと心地よい酸が完璧に調和したフィニッシュが常に堪能できる銘醸畑!WA93+点 WS89点

在庫:

品番:72792

配送:クール便推奨

価格:9,077円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある黄金色。

Service:

10〜11℃

Nez:

熟していてヘーゼルナッツ、白桃、アーモンドのアロマ。

Garde:

〜10年

Palais:

フレッシュでシトラス風味の果実味が溢れる。最上のエッセンスを持ったワイン。

Cepage:

100%:シャルドネ

生産者の紹介

レミ・ジョバール

ドメーヌ・レミ・ジョバール
[Domaine Remi Jobard]

メゾン・ジョバール・シャブロ (レミ・ジョバール)
[Maison Jobard-Chabloz]


醸造方法:
発酵は木樽醗酵。醗酵を自然に任せて人工的な手を加えない。新樽比率20%で、12ヶ月の樽熟成後にステンレスタンクにてアッサンブラージュを行い、その後、6ヶ月間も澱がタンクに沈むのを待つ。軽い清澄作業を行って、ノンフィルターで瓶詰。

【 ドメーヌ・レミ・ジョバール概要 】

ドメーヌの歴史は17世紀までさかのぼります。現当主のレミ・ジョバール氏は1992年よりドメーヌの実質的運営を行っていましたが、1998年に父親のシャルル・ジョバール氏が完全に引退し、レミ・ジョバール氏のラベルで生産されるようになりました。2005年から本格的に有機栽培を始め、劇的にに品質を高めていきます。
彼のポリシーはあくまで自然に忠実であるということ。栽培においてはテロワールを生かすべく化学肥料を使用しないのは当然のこと、テロワールを遺憾なく表現する為に、ブドウ果にカビなどがつかないように、徹底した畑の手入れや管理を行っています。コルドン・ド・ロワイヤ式の仕立てにすることで、小粒で凝縮したエネルギーを持つ果実を得ています。

完熟した健康的な果実味を表現しつつ、透明感のあるエレガントなレミ・ジョバール氏のムルソーは、フランスの3つ星レストランにオンリストされ、さらにはワイン・アドヴォケイト誌で軒並み高得点を叩き出すなど、世界中で高い人気を誇ります。

「レミ・ジョバール・シャブロ」名義のワインは、 買いブドウから仕込んだいわゆるネゴシアンものだが、レミ・ジョバール自身が醸造するため、ドメーヌものと変わらぬ高いクオリティを誇る。
バーガウンド・ドット・コムのアラン・メドーは、「非常に高い品質であるにも関わらず、魅力的な価格。特にお勧めしたいメゾンである。」とコメント。
2002年に1つのワインだけで始め、 2005年はほとんど造られず、2007年もすべてのワインで600ケースほどしか造られていないため、逆にドメーヌものより珍しいと言われる。全てブドウの段階で買い付け、ドメーヌものと同じように造られるため、フランス現地でも非常に人気。残念ながら原料ブドウの高騰により現在では生産されていない。

関連情報

トップへ戻る