鍵やTOP > ワインTOP > シャンパーニュ > ブルーノ・パイヤール  ブリュット・プルミエール・キュヴェ N.V.

ブルーノ・パイヤール  ブリュット・プルミエール・キュヴェ N.V.

ブルーノ・パイヤール  ブリュット・プルミエール・キュヴェ N.V.

生産村:ランス(Reims)   色:泡・白
戦後誕生した唯一のシャンパンハウスで、パーカー4ツ星生産者。一番搾りの果汁のみを使用するため" プルミエール・キュヴェ"(フランス語で一番搾りの意)の名前が付けられた最高級なシャンパーニュ。グランクリュとプルミエクリュの葡萄を使用。ドサージュ:6g/L、熟成はデコルジュマン前3年、後6ヶ月。WS誌90点。PP89点。

在庫:

品番:71023

配送:クール便推奨

価格:5,000円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

持続性のある泡立ちの淡い藁のような黄金色。

Service:

8℃

Nez:

新鮮な柑橘系、フレッシュなアーモンドなど。赤いベリーの果実、ライチやパイナップル。

Garde:

〜5年

Palais:

ふくよかで複雑な味わい。繊細な和食や、スパイスを使用するタイ、インド料理にも合います。

Cepage:

45%:ピノ・ノワール、33%:シャルドネ、22%:ピノ・ムニエ

生産者の紹介

ブルーノ・パイヤール・メゾン ブルーノ・パイヤール [Bruno Paillard] 【NM】 (Reims)

当主:Bruno Paillard
所有畑面積:32haうち12haがグランクリュ。
年間総生産量:約4〜500.000本
醸造方法:
第一次発酵では20%樽、残りはステンレスタンクを使用(NPUを除く)。NVに関しては、1985〜前年までのリザーヴ・ワインを35〜50%使用。

【ブルーノ・パイヤール概要】

シャンパーニュ地方で古くからブドウ栽培家兼仲介業を営んでいた一家に生まれたブルーノ・パイヤールは、1981年自分自身のシャンパーニュメゾンを設立しました。最も新しく、数少ない自営のシャンパーニュメゾンで、独立したメゾンとしては最も大きい規模を誇っています。

設立当初からドサージュ量の最も少ないメゾンのひとつであり、近年はさらに低く抑え、純粋な味わいを表現しています。
1994年から畑の購入を始め、必要な葡萄の40%をまかなっています。自社畑は有機栽培を行い、除草剤は使用していません。

ブルーノ・パイヤール 創立者・経営者であり、また実際に自らブレンドを行うブルーノ・パイヤールは、寒い年は南向きの畑の葡萄を使用するなど、気候状況により使用する葡萄の畑を選び、また、その年の葡萄の品質に従いリザーブワインの量を調節(平均35%、最大50%)、毎年一貫した品質を保っています。
技術的にシャンパーニュに最も好ましい地下25Mと同じ環境を地上に再現。光を遮り、温度10.5℃、湿度80%に管理された中で作業されます。

純粋でエレガントな味わいは、数多くの有名レストランでサーヴされ、2010年は世界の422件のミシュラン星付きレストランで愛飲されています。
他のシャンパーニュメゾンが大企業の傘下に収まりプロモーションをかけて売り出す現状において、真摯に最高品質を追求するブルーノ・パイヤールは異例ともいえる貴重な存在です。

ここがポイント!@ 戦後唯一のメゾン
A ブルーノ・パイヤール(1953年生まれ)自身がブランド名であり、創始者・現オーナー・ブレンドも監修。
B 葡萄1sあたり500tの最も純粋である最初のプレスのみを常に使用。
C グランクリュ、プルミエクリュの畑でとれた最高品質の葡萄のみ使用。
D シュール・リー熟成期間が法定期間の3〜5倍のため、見事な熟成感と繊細さを持つエレガントなシャンパーニュに仕上がる。
E 定温・冷涼なセラーで、発酵がゆっくりと進むため細かい泡が生まれる。
F ワイン本来の姿を大切に保つため、ドサージュは最低限。
G 全ボトルにデゴルジュマンの日付を表示(これはブルーノ・パイヤールが初めて)

関連情報

Pays : France

Region : Reims

Appellation : Champagne

トップへ戻る