鍵やTOP > ワインTOP > シャンパーニュ > ドゥーツ キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ 1999

ドゥーツ キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ 1999

ドゥーツ キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ 1999

生産村:アイ   色:泡・白
ドゥーツ社の創設者、ウィリアム・ドゥーツの名前を冠した良年(1999年)のスペシャルキュヴェ!55%:ピノ・ノワール、35%:シャルドネ、10%:ピノ・ムニエ。ドゥーツの正統的フラッグシップ!力強いノーズを持ち、リッチかつ複雑で、ジンジャーやナツメグ、焼きリンゴを彷彿とさせるアロマを放つとのこと。
※こちらは専用箱付きの商品となります。

在庫:

品番:70500

配送:クール便推奨

価格:9,971円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

細かく持続性のある泡。濃い黄金色。

Service:

10〜13℃

Nez:

ジンジャーやナツメグ、焼きリンゴを彷彿とさせるアロマ。

Garde:

10〜15年

Palais:

力強いノーズを持ち、リッチかつ複雑。香辛料を効かせたオリエンタルな料理と相性が良く、スパイシーに  風味づけた魚料理と合わせても良い。

Cepage:

55%:ピノ・ノワール、35%:シャルドネ、10%:ピノ・ムニエ

生産者の紹介

ドゥーツドゥーツ [ Deutz ]  ( Ay / Champagne )

1838年にウィリアム・ドゥーツとピエール・ユベール・ゲルテルマンの二人によりシャンパーニュ地方はアイ村に創立されました。

1860年後半より2代目ルネ・ドゥーツとアルフレッド・ゲルデルマンにより海外マーケットへ進出し。イギリス、ドイツ、ロシアへと販路をひろげていきました。
1993年まで家族経営を続けてきましたが、ルイ・ロデレールの傘下に入りました。
ロデレールが96年に送り込んだCEOのファブリス・ロセ氏は積極的な設備投資を行い、ドゥーツの品質の高さをさらに向上させました。
【シャンパン ドゥーツ社】は、格式ある【Association of Grandes Marques】の最古のメンバーの一つですが、確固とした独自のスタイル−調和された完璧なフィネスと複雑味−を持つシャンパンハウスです。

190ヘクタールある畑は、シャンパーニュ地区の最良のクリュにあり、厳格な選定が行われた最高級の葡萄のみドゥーツ社では使用しています。ブジー、アンボネイ、アヴィズ、クラマンより畑の格付け比率はピノノワ-ルが99%、シャルドネ98%、ピノムニエをあわせても平均で97%に達しています。ドゥーツ社の自社畑は42ヘクタール。総生産量の35%を賄っています。

ワインは、歴史あるアイ村の白亜質土壌に造られた、静寂を保つ3キロに及ぶ天然のハウスセラーでゆっくりと、細心の注意のもとに熟成させられます。

※ ※ ※ ちょっといい話 ※ ※ ※
1989年には、ロンドン交響楽団のメンバーである3人の演奏家が彼らのお気に入りのシャンパーニュであるドゥーツの名を冠したユニット「ドゥーツ・トリオ」を結成してしまったそうです!
1996年には、かのルイ・ロデレールの傘下に入ったというドゥーツですが、モデルチェンジされた印象的なボトルは、19世紀のボトル・デザインに近づけた、バック・トゥ・ベーシック。
アイ村のメゾンに赴けば、2000年に修復したという「SALON DES OISEAUX(鳥の間)」というエキゾチックな趣のある応接室が出迎えてくれるとのこと…。

関連情報

トップへ戻る