鍵やTOP > ワインTOP > ピエモンテ > ジャクソン キュヴェ 736

ジャクソン キュヴェ 736

ジャクソン キュヴェ

生産村:ディジイ(Dizy)   色:泡・白
このキュヴェ736は、シャンパーニュのグレートヴィンテージといわれる「2008年」を主に使用。葡萄自体の質が非常に高いため、ドザージュ1.5g/Lとドライな仕上がりです。(Cuvee734より、瓶熟期間をさらに1年長くし、最低4年間寝かせてからデゴルジュしてリリース。) セラーを構えるラ・グランド・ヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌとコート・デ・ブランのグラン・クリュ及び、プルミエ・クリュの葡萄のみ使用。

在庫:

品番:71074

配送:クール便推奨

価格:7,114円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある濃い黄金色。

Service:

10〜11℃

Nez:

リンゴ、カリン、バター、ナッツ、ブリオッシュ、パングリエ、ミネラル等。

Garde:

〜5年

Palais:

ドサージュ量が少ないため少しドライな印象だが、葡萄自体の果実味やミネラルが際立って複雑な印象。

Cepage:

53%:シャルドネ、29%:ピノ・ノワール、18%:ピノ・ムニエ

生産者の紹介

ジャクソン

ジャクソン [Jacquesson] 
(Dizy / Vallee de la Marne)

200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュ アイ村、本拠地のあるディジー村などにある自社畑を中心とした52haの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出すのが、このジャクソン。ジャクソンのシャンパーニュは、ナポレオン皇帝からの寵愛をも獲得、皇帝自身の結婚式にも振舞われたという逸話を持つ。また、その最高の栄誉を賞され、皇帝よりメダイユ・ドールを献上された。かのジョセフ・クリュッグは、創業前、ジャクソンのセラーで修行をした後、自身のメゾンを設立したという歴史もある。

「ワインはセラーからではなく、畑から生まれる」という考えの下、栽培責任者は収穫時には全ての畑をくまなく見て回り、厳しく指示。栽培はリュット・レゾネで、葡萄の根が十分ミネラル分を吸収できるように土壌の手入れは怠らない。醸造においては、現在では珍しい旧式の垂直プレス機を使用し、より繊細でクリアな果汁を得る為に丁寧に圧搾される。自社シャンパーニュの為に使用するマストは一番搾りのみで、プルミエタイユは他のネゴシアンに売ってしまう。

ジャクソンのシャンパーニュ造りに対するフィロゾフィーは、長い歴史と共に飛躍の時を迎え、今や世界に認められる存在となった。

関連情報

Pays : France

Region : Dizy

Appellation : Champagne

トップへ戻る