鍵やTOP > ワインTOP > シャンパーニュ > フィリポナ クロ・デ・ゴワセ 2001

フィリポナ クロ・デ・ゴワセ 2001

フィリポナ クロ・デ・ゴワセ 2000

マルイユ・シュール・アイ(Mareuil-sur-Ay)  色:泡・白
マルイユ・シュール・アイ村は、ちょうどアイ村の東側に位置し、プルミエクリュ99%に格付けされている上質のシャンパーニュを産する村。1935年に購入された5.5haの畑、クロ・デ・ゴワセは歴史的にも初めてのシングル・ヴィンヤードのシャンパーニュ。 10〜15年の熟成を経てようやくそのワインが持つすべてのポテンシャルを発揮します。生産本数約20,000本。ビン内で8年〜9年寝かされてから出荷されます。

在庫:

品番:70957

配送:クール便推奨

価格:22,286円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

明るい黄金色

Service:

10〜12℃

Nez:

アカシアの花、オレンジ、蜂蜜、黄金飴、ブリオッシュ、ミネラル等。

Garde:

10年〜

Palais:

温度が上がるにつれ、ハチミツのような味わいや複雑味が増し、石灰岩質土壌から醸し出されるミネラルがハッキリと個性を引き出します。

Cepage:

70%:ピノ・ノワール、30%:シャルドネ

生産者の紹介

フィリポナフィリポナ [Philipponnat] 【NM】
(Mareuil-sur-Ay)

オーナー:シャルル・フィリポナ(Charles Philipponnat)

【フィリポナ概要】
フィリポナ社は1522年にアイ村に移住以来、500年近くにわたる長い歴史があるシャンパーニュハウスです。18世紀以降マルイユ・シュール・アイ村にセラーを造り、現在ではここを本拠とし、16代目当主シャルル・フィリポナ氏により伝統が引き継がれています。
特徴は、ピノ・ノワール種のブレンド比率が高く、全てのボトルに口抜き(デゴルジュマン)の年月を記載しており、最良のタイミングで熟成を止めた時期を明記することによって、消費者に対しその高品質の証を提示しています。
また、最高級品の「クロ・デ・ゴワセ」は、単独畑名を商品名とする希少なシャンパンとして世界中のシャンパン愛飲家に認知されており、マルヌ川に面する南および南東向き、傾斜角45度の斜面に位置する5.5haのこの畑は、長い日照時間、川面からの反射光など、ブドウの生育にとって比類なき最高の自然条件に恵まれていて、『シャンパーニュにおけるロマネ・コンティ』とも称されています。

関連情報

トップへ戻る