鍵やTOP > ワインTOP > その他フランスワイン > ピノ・ノワール(ヴァン・ド・ペイ・ドゥ・ヴァル・ド・ロワール)/ 生産者:ブリコ

ピノ・ノワール(ヴァン・ド・ペイ・ドゥ・ヴァル・ド・ロワール) 2009

ピノ・ノワール(ヴァン・ド・ペイ・ドゥ・ヴァル・ド・ロワール)/ 生産者:ブリコ

IGP:ヴァン・ド・ペイ・ドゥ・ヴァル・ド・ロワール  色:赤

ロワール産のピノ・ノワールを使用。綺麗な酸とミネラルがあり、ブルゴーニュファンでも満足のいくような、コストパフォーマンスの良いピノ・ノワールです。

在庫:

品番:70849

配送:クール便推奨

価格:1,530円(税込・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

明るい色調のルージュルビーレッド色。

Service:

14〜15℃

Nez:

赤い花や、ストロベリー、サクランボやレッドカラントなどの小さい赤い果実、ザクロ、スパイス等。

Garde:

2〜3年

Palais:

軽やかで、瑞々しい酸味をともなった赤い果実の味わい。

Cepage:

100%:ピノ・ノワール

生産者の紹介

ブリコ ブリコ [Bourricot]  (Mercurey / Cote Chalonnaise)

醸造責任者:マルタン・ローラン

「ブリコ」は、ブルゴーニュ・メルキュレーのネゴシアン「N. ランジュロン」によるヴァン・ド・ペイ(I.G.P)のブランドで、2010年にモンペリエで開催された南仏ワインの大展示会「ヴィニシュッド」及び「VINEXPO香港」で発表され注目を集めました。
ピノ・ノワールはロワール産、シャルドネは南仏産で、それぞれの地域から買い付けたぶどうから醸造してつくられます。
「私たちはブルゴーニュのネゴシアンですので、なによりも上品さを重視します。いわゆる「濃い」ワインは造りません。ピノ・ノワールは、石灰岩質と泥灰土質の土壌にこだわって、とりわけミネラルに富むものを買い付けました。シャルドネは、海風の影響を受ける冷涼な畑のぶどうです。」

ブランド名『Bourricot』

「ブリコ」はロバのことで、酒神「サン・ヴァンサン」の下部です。ブルゴーニュでは、サン・ヴァンサンとロバに関する様々な言い伝えがありますが、その昔このロバがある畑の葉や枝をむしゃむしゃと食べたところ、その畑のぶどうが素晴らしい出来になった、そこから剪定が発見されたという話にもあるように、ロバがサン・ヴァンサンに、栽培とワイン造りを伝えたということになっています。
「そのロバにあやかりたいと思って、ブランド名に採用しました。」

関連情報

トップへ戻る