鍵やTOP > ワインTOP > その他フランスワイン > アンジュー・ルージュ ラ・スリゼ 2011 / 生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリー

アンジュー・ルージュ ラ・スリゼ 2011

アンジュー・ルージュ ラ・スリゼ / 生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリー

AOC:アンジュー・ルージュ   色:赤
ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスのコスパガイド、プティ・プリ2011年でアンジュー部門TOP3(2009年物) しなやかで果実味豊かなチャーミングな味わい!平均樹齢30年。手摘みで収穫後除梗、選果。18日間1日に2度のルモンタージュ。果汁と果皮を分けて20〜25度で15日間発酵。ステンレスタンクで9ヶ月熟成した後、澱引きをしてアッサンブラージュ。

在庫:

品番:71060

配送:クール便推奨

価格:1,957円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

赤紫色に反射する美しいガーネットの赤色のローブ。

Service:

16℃

Nez:

赤と黒いフルーツのアロマ。

Garde:

〜5年

Palais:

しなやかでフルーティーなアタック。

Cepage:

80%:カベルネ・フラン
20%:カベルネ・ソーヴィニヨン

生産者の紹介

生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリー ドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリー [Domaine de la Bergerie]

当主:イヴ・ゲニヤール
所有畑面積:36ha
生産ワイン:
≪白ワイン≫
- Anjou blanc
- Savennieres
- Coteaux du Layon
- Coteaux du Layon Rablay
- Chaume
- Quarts de Chaume
≪赤ワイン≫
- Anjou Rouge
- Anjou Villages
≪ロゼワイン≫
- Rose de Loire
- Cabernet d’Anjou

【ドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリー概要】

1961 年、7〜8haあった畑は、アンジェの外科医であるモンプロフィ医師が所有する巨大ドメーヌの一部だった。
当時すでにフランスのブルグに小さなドメーヌを経営していた現当主イヴ・ゲニヤールの祖母マリー=スコラスティックが、ドメーヌを競売で競り落とし、数年後、娘のマリー=アニエスにベルジュリーを譲る。その後マリー=アニエスは夫とドメーヌを広げていった。
ドメーヌ9代目のイヴ・ゲニヤールは、1979年からドメーヌ・ド・ラ・ベルジュリーのワインの醸造を担っている。銀行の貸付などの幾多の苦労の末、自らの土地を購入。そして10年後、イヴの妻マリー=アニックがドメーヌに参加。

2007年には、ソムリエの勉強を終えたイヴの娘のアンヌが、コートダジュール、ロンドン、アメリカの様々な機関で経験を積んだ後、ベルジュリーに戻ってきた。アンヌは、ドメーヌでの仕事を学ぶと共に、ロワールのモントルイユ=ベレーにある学校でブドウ栽培の理論を学んだ。 2010 年にドメーヌに参加し、ビオに転向に着手。多くの投資をし、その品質は安定してきた。

ドメーヌが造る 2 種類のサヴニエールのうち、<クロ・ル・グラン・ボープレオー’09 >はギド・アシェット 2012 年版でクドクール(最も心に残るワイン)三ツ星に輝き、テロワールを見事に表現したこのキュヴェで、フランスのサヴニエール愛好家のあいだで名の知られるドメーヌとなった。

関連情報

トップへ戻る