鍵やTOP > ワインTOP > 南フランス > コトー・デクサン・プロヴァンス テール・デ・ザンジュ / 生産者:シャトー・パラディ

コトー・デクサン・プロヴァンス テール・デ・ザンジュ 2009

コトー・デクサン・プロヴァンス テール・デ・ザンジュ / 生産者:シャトー・パラディ

AOC:コトー・デクサン・プロバンス 色:赤
ドメーヌのトップ・キュヴェ。パーカーが「驚くほどの凝縮感とフル・ボディの濃厚さ、目を見張る質感と余韻。味覚の道をなぎ倒すパワー!」と断言。スグリやチェリーなどの果物や甘草を思わせる香り、上質なタンニンの骨格のある味わい。南ローヌのドリーム・チーム「シャトー・パラディ」のフラッグシップワイン!

在庫:

品番:79927

配送:クール便推奨

価格:2,955円(税込・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

ほとんど黒に近い濃厚な色調の赤ワイン。

Service:

15〜17℃

Nez:

スグリやチェリーなどの果物や甘草、ミネラル、カカオ、ロースト香、バニラなど。

Garde:

5〜10年

Palais:

口中は調和が取れ、まろやかさとフィネスが素晴らしいタンニンの骨格と融合している。余韻は大変長い。

Cepage:

50%:シラー、35%:カベルネ・ソーヴィニヨン、15%:グルナッシュ

生産者の紹介

シャトー・パラディ[Chateau Paradis] (Provence)

オーナー:フィリップ&ジュリエット・デシャン(Philippe&Juliette Deschamps)
醸造責任者:フランソワ・ティソ
(元「アンドレ・ブルネル」のセラー・マスター)

コンサルタント:ミッシェル・タルデュー(Michel Tardieu)・フィリップ・カンビ(Philippe Cambie)
所有畑面積:30ha

歴史:
シャトー・パラディは,南ローヌのAOCコート・デュ・リュベロンに隣接する場所に位置する。東から西に流れるデュランス(Durance)川を挟み、北がコート・デュ・リュベロン、南がコトー・デクサン・プロヴァンスである。

現在シャトー・パラディがある葡萄畑は古くから存在し、葡萄栽培も行われていたが、たびたび所有者が代わり、造られるワインも平凡な品質であった。
しかし、2003年、輸入雑貨の販売で財を成した実業家のフィリップ&ジュリエット・デシャン夫妻がシャトーを買収。大規模な投資を行い、畑と醸造施設を大幅に改修した。
状態の悪い葡萄の引き抜き、再植樹、グラヴィティー・システムを備えた醸造所の建設、18世紀の邸宅の復元など、あらゆる面で超一流品質のワイン造りに乗り出した。

デシャン夫妻は、タルデュー・ロランの本拠地であるルールマランにある、南ローヌのワイン愛好家の集うミシュラン一つ星レストラン『ラ・フニエール(La Feniere)』で、料理長ギィ・サミュの紹介でミッシェル・タルデューに出会う。
デシャン夫妻のワイン造りにかける熱意に打たれたミッシェル・タルデューは、その場でシャトー・パラディの醸造コンサルタントを務めることを快諾。
その後、ミッシェル・タルデューの伝手で、パーカー・ポイント100点満点ドメーヌであるシャトーヌフ・デュ・パプ“レ・カイユ”(アンドレ・ブルネル)でセラー・マスターを務めていたフランソワ・ティソがシャトー常駐の栽培と醸造責任者に、そして『ローヌのミッシェル・ロラン』フィリップ・カンビが、もう一人の醸造コンサルタントに就任し、超一流を目指すワイン造りが始まった。

栽培は2003年以来、リュット・レゾネで行われているが、すでに有機栽培とバイオダイナミックの手法を導入し、2010年に全面的な移行を計画。

関連情報

トップへ戻る