鍵やTOP > ワインTOP > ローヌ > クローズ・エルミタージュ エキノックス / 生産者:ドメーヌ デ リゼ

クローズ・エルミタージュ エキノックス 2012

クローズ・エルミタージュ エキノックス / 生産者:ドメーヌ デ リゼ

AOC:クローズ・エルミタージュ(Cote-du-Rhone)  色:赤
"EQUINOXE"とはフランス語で『春分・秋分の日』を意味します。春分の頃に瓶詰めされるためこの名がつけられました。瓶詰めから約半年の秋分の頃がちょうど飲み頃♪
ジューシーなキャラクターが魅力のエキノックス!果実感あふれる自然な味わいに、思わずグラスが進みます♪

在庫:

品番:70846

配送:クール便推奨

価格:2,107円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある明るいルビー色。

Service:

16〜18℃

Nez:

カシス、アメリカンチェリーのコンフィチュール。

Garde:

〜5年

Palais:

ジューシーな果実味で、エレガントな酸。タンニンのバランスも良く、リリース直後から非常に飲みやすい。
熟成:古樽50%、ステンレス50%。

Cepage:

100%:シラー

生産者の紹介

ドメーヌ デ リゼ/マキシム・グライヨ ドメーヌ デ リゼ [Domaine des Lises]
(Crozes-Hermitage/Cote-du-Rhone)

オーナー:マキシム・グライヨ(Maxim Graillot)
醸造責任者:マキシム・グライヨ(Maxim Graillot)
所有畑面積:5ha
平均樹齢:18〜25年

【ドメーヌ概要】
クローズ・エルミタージュの神様アラン・グライヨの息子であるマキシム・グライヨが、2003年に畑を購入し、興したドメーヌ。タン・レルミタージュの南数キロ、ボーモン・モントュウのコミューンに位置する。彼は、ブルゴーニュで醸造学を学んだ後、カリフォルニアのターリー・ワインセラーズなどで修行し、現代的醸造技術も吸収した。

父と同じワインではなく、あくまで彼自身のワインを造っており、その強い意志と自信はすでに彼に大物の風格を与えている。初ヴィンテージ2004年で8000本を生産。いきなり素晴らしいワインを世に送り出し、周囲を驚愕させた。

『ワイン・スペクテーター』の北ローヌ特集では、ギガルやシャーヴと並んで堂々のトップ ドメーヌ入りを果たし、「マキシムは彼自身の道を探し続けているが、しかし彼のワインはすでに荘厳で堂々としている。もし、伝統と現代的醸造技術の共存を見たいならば、シェ・グライヨを見るべきだ!」と記され、彼の類まれなるセンスと才能は熱い注目を集めている。

栽培方法は伝統的だが、収量をこのアペラシオンでは非常に低い35-40hl/haと生産効率を無視し、品質重視に徹している。
区画ごとに最適だと思われる醸造分類をし、瓶詰め前に最終的なアッサンブラージュをする。決して抽出に傾いたワインではなく、マキシムは果実をきれいに表現することにこだわり、新樽も5-10%に抑えている。現在では、ドメーヌ・アラン・グライヨのワインも手掛けているが、『父のドメーヌ』と『自らのドメーヌ』の区別は明確であり、ドメーヌ・デ・リゼでは独自のスタイルを追求している。という信条で、自然と体になじむような、柔らかく涼やかな味わいが魅力のワインを造っている。

関連情報

トップへ戻る