鍵やTOP > ワインTOP > ローヌ > リラック・ル・グルマン / 生産者:ドメーヌ・デュ・ジョンシエ

リラック・ル・グルマン 2010

プティ・タリュオス

AOC:リラック     色:赤
リラックは、コート・デュ・ローヌ発祥の地としても有名であり、歴史は2000年前にまで遡る。その功績から、1947年という早い時期にコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの独立したクリュとして認定された。AB(ビオロジック)およびDemeter(ビオディナミ)の認証取得済み。熟成は、コンクリートタンクで18ヶ月。『食いしん坊』という意味のキュヴェ名通り、果実は丸く凝縮して心地よい。

在庫:

品番:70115

配送:クール便推奨

価格:1,787円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

明るい色調の紫がかったルビー色。

Service:

16〜17℃

Nez:

カシスのリキュールやブルーベリージャム、煮詰めた赤いフルーツのチャーミングな香りにほんのりとしたスパイス香。

Garde:

3〜5年

Palais:

大らかな味わいの中に透明感とエレガンスが光るバランスの良い味わい。

Cepage:

60%:グルナッシュ、15%:シラー、15%:ムールヴェードル、5%:サンソー、5%:カリニャン

生産者の紹介

ドメーヌ・デュ・ジョンシエ ドメーヌ・デュ・ジョンシエ [Domaine du Joncier]
(Lirac / Cotes du Rhone)

オーナー:マリーヌ・ルーセル(Marine Roussel)
所有畑面積:32ha
平均収量:30hl/ha

栽培:
1989年にマリーヌがドメーヌを継いで以来、自然と有機農法に転換してきた。1990年には殺虫剤と除草剤の使用を中止。2000年からは100%ボルドー液を使用するようになった。2003-2004年から月の運行カレンダーに従って瓶詰を行うなど、ビオディナミによる栽培に情熱を注いでいる。AB(ビオロジック)およびDemeter(ビオディナミ)の認証取得済み。

醸造方法:
培養酵母ではなく、自然酵母での発酵、無理のない抽出、澱引きをしすぎない等、人の手の介入を避け、それぞれのブドウ品種の個性を表現するため、可能な限り工程をシンプルにしている。また、熟成においても、ブドウ品種をダイレクトに表現するためにコンクリートタンクを用い、オークの香りが移るバリックは用いない。

【ドメーヌ概要】

1964年にピエール・ルッセルにより設立されたこの醸造所は、ローヌ河を挟んでシャトーヌフ・デュ・パプの対岸、タヴェルに位置している。1989年にパリでグラフィックデザイナーとして働いていた娘のマリーヌが帰郷し、ドメーヌを継承。以来、彼女のワイン造りへの大きな熱意の下、ドメーヌ・デュ・ジョンシエはテロワールと果実を重視したワイン造りを続けている。

32haの所有畑はリラックとタヴェルに広がっており、手がけるワインの9割以上が、グルナッシュを主とした赤やロゼ。栽培と醸造にはビオディナミを採用しており、2007年にはエコセールの認証も取得している。機械や薬剤を用いて除草を行わない畑の土壌は古い沖積土で、丸く磨かれた大きな石が多く、ブドウの樹は養分を求めて地中深くまで根を伸ばす。更に、エキスが凝縮されたブドウを得るために、収量は平均30-35hl/haまで厳しく制限し、ブドウが完熟するまで収穫を待つなど、このクラスのワインとしては考えられないほどの労力を惜しみなく注いでいる。また、ワインのキャラクターをストレートに表現するため、清澄やろ過を行わない醸造スタイルである。

彼女が手がけるワインは、リッチで香り高く、シャトーヌフ・デュ・パプを彷彿とさせる果実の凝縮感と完熟度を持ちあわせている。無名ながらも、美しいワインを手掛ける見逃しがたい優良生産者である。

関連情報

Pays : France

Region : Cote du Rhone

Appellation : Lirac

トップへ戻る