鍵やTOP > ワインTOP > 南フランス > サシャ・リシーヌ ソーヴィニヨン・ブラン / 生産者:サシャ・リシーヌ

サシャ・リシーヌ ソーヴィニヨン・ブラン 2010

サシャ・リシーヌ カベルネ・メルロー

I.G.T.ヴァン・ド・ペイ・ドック(Languedoc)  色:白
サシャ・リシーヌのワインのスタイルは、「フランス産のニューワールドワイン」。非常にコストパフォーマンスがよく、ニューワールド的な素直な果実味に溢れ、口当たりはまろやか、フランスらしい引き締まった味わいを併せ持った、ナチュラルな美味しさがあります♪ぶどうは区画ごとに選果し、セラーに運び込まれ、セラーでは葡萄がアロマを失わないよう管理される。除梗後、マセラシオン。低温で発酵し、シュールリーの状態で熟成させる。

在庫:

品番:70955

配送:クール便推奨

価格:1,371円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある淡い黄色。

Service:

6 〜 10 ℃

Nez:

りんごのアロマ、エキゾチックな果実や白い花のニュアンス。フルーティーな香り。

Garde:

2〜3年

Palais:

フレッシュでバランスの良い味わい。厚みのある酸があり、ボリューム感のある味わい。

Cepage:

100%:ソーヴィニヨン・ブラン

生産者の紹介

サシャ・リシーヌ サシャ・リシーヌ [Sacha Lichine]

オーナー:サシャ・リシーヌ
コンサルタント:パトリック・レオン

【ドメーヌ概要】
ワイン産業を熟知し、また常にイノベーションを模索するサシャ・リシーヌは、彼の広く深い経験をもとに世界各国のワインのトレンド、顧客のニーズを鋭く察知し、豊かな果実味を前面に押し出したスタイルのワインで多くの顧客を魅了しています。
サシャ・リシーヌは、ボルドーワインを世界中に広めた「ワインの法王」アレクシス・リシーヌの息子。アレクシス・リシーヌの著書「Alexis Lichine’s Guide to the Wines and Vineyards of France」は今でも名著としてワイン愛好家達に読まれています。
その彼を父に持つサシャ・リシーヌは、若かりし頃より数多くのワインビジネスに携わり、1990年にはネゴシアンとして活躍、2006年には「シャトー・デスクロン」(プロヴァンスのロゼ)を購入し、世界クラスのブランドを作り上げました。

コンセプトは「Vins sans Frontieres」=「国境なきワイン」

サシャリシーヌのラベルには「熊」「鷲」「雄鶏」が描かれています。
「熊」は、リシーヌ家のルーツであるロシアを、
「鷲」はリシーヌ家が長い年月を過ごしたアメリカを、
「雄鶏」はサシャ・リシーヌが生を受け、現在、ワインを生産しているフランスを
表しているそう。
アレクシス・リシーヌ氏はもともとロシア出身ですが、米軍の一員(補佐官)としてアイゼンハウアー将軍に従った時期もあり、そして戦後は戦争で破壊されたフランスのぶどう畑を再建するために働いた人物。
サシャ・リシーヌ氏はボルドー生まれアメリカで育ち。20代の頃からアメリカとフランス間で多くのワインビジネスを手掛けてきました。
3つの動物(国)が一つになったロゴは、リシーヌ家の想いと、「美味しいものを造るためなら国や制度を超えて!」という思いも込められているそうです。
また、サシャ・リシーヌ氏は、
『このワインには自分の名前を付けた。なぜならこれは自分自身だからである。』と語っています。

関連情報

トップへ戻る