鍵やTOP > ワインTOP > その他イタリアワイン > C・コルヴィーナ / 生産者:アルファ・ゼータ

C・コルヴィーナ 2013

C・コルヴィーナ / 生産者:アルファ・ゼータ

ヴェロネーゼI.G.T(Veneto/ヴェネト)  色:赤
ヴェネト州名産の「コルヴィーナ」を使った、程よいボリュームの赤ワイン! コルヴィーナはヴェネト州やロンバルディア州で栽培されている地域種で、ヴェネト州の名産ワイン「ヴァルポリチェッラ」や「バルドリーノ」に使われる品種として知られています。ほとんどが他の品種と混醸されるので、単一で作られるこのワインはかなり珍しいです。

在庫:

品番:70196

配送:クール便推奨

価格:1,029円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある青みがかったルビー色

Service:

14〜16℃

Nez:

熟したチェリーやプラム、かすかにスモーキーさが感じられる。

Garde:

1〜2年

Palais:

黒いベリー系のリッチな果実味。柔らかく滑らかな味わい。

Cepage:

100%:コルヴィーナ

生産者の紹介

生産者:アルファ・ゼータ(ALPHA ZETA)

醸造責任者:ルカ・デガーニ(カンティーナ ヴァルパンティーナ)

「良い品質と良い価格」をテーマに、まさにお値打ちなワインを造り出す新進気鋭のワイナリー。アルファ・ゼータは、マスター・オブ・ワインの一人であるデイヴィッド・グリーブと、ニュージーランド出身の醸造家マット・トムソンが、良い品質と良い価格を両立したいとの思いから、1999年に立ち上げたブランドです。
ワインは、二つのカンティーナの葡萄を使い分けていて、コルヴィーナやヴァルポリチェッラはヴェローナ近郊のカンティーナ ヴァルパンテーナの農協のものを使用(赤80%、白20%)。また、ガルガネーガやソアーヴェは、同じ傘下のカンティーナ モンテフォルテの葡萄を使用しています(白90%、赤10%)。
設備を全てレンタルでまかなうことで、生産コストを下げています。

関連情報

トップへ戻る