鍵やTOP > ワインTOP > その他イタリアワイン > ピノ・グリージョ / 生産者:メロイ

ピノ・グリージョ 2012

ピノ・グリージョ / 生産者:メロイ

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ D.O.C. 色:白
ヴェロネッリでは毎年のようにスーパー・トレステッレ評価を受けている、一般には入手困難な生産者のひとり。
エキゾティックでフローラルな香り。しっとりと落ち着いたアロマティックなピノ・グリージョ。熟成は、フレンチオークのバリックで8ヶ月(新樽1/3)。

在庫:

品番:79917

配送:クール便推奨

価格:3,114円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

透明感のある縁が緑がかった黄金色

Service:

9〜10℃

Nez:

メロン、桃、エキゾチックな花の香り、ココナッツ等。

Garde:

3〜8年

Palais:

華やかで非常にクリーミーな味わい。

Cepage:

100%:ピノグリージョ

生産者の紹介

メロイ [Meroi]
(Friuli Venezia Giulia/フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア)

オーナ:Paolo Meroi(パオロ・メロイ)
醸造責任者:Enzo Pontoni(エンツォ・ポントーニ) & Paolo Meroi
所有畑面積 :15ha

【ドメーヌ概要】

祖父のドメニコが、イタリア北東部ブットリオの地に設立した小さな醸造所を1980年代に父親から引き継いで以来、品質本位のワイン造りに情熱を注いでいます。
ミアーニのエンツォ・ポントーニ氏とは旧知の仲で、3代目継承当時から、ポントーニ氏にブドウ畑の立て直しとワイン造りについて助力を依頼。
彼らの関わりは非常に深く、メロイがワイン愛好家の注目を集める現在もポントーニ氏が醸造を手伝う他、共同でブドウ畑も購入しているが、厳格なミアーニのワインに対し、パオロが目指すのはフルーティで大らかなスタイルであり、ポントーニ氏もそれを尊重し、ワインに反映させています。
畑はブットリオの西側の丘のD.O.C. コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリに広がっており、ポンカと呼ばれる泥灰土と石灰が混ざった独特の土壌。
このような土壌では、大地からの強いミネラル分がブドウに吸収され、独特の風味を持つ寿命の長いワインが生まれます。
ブドウ栽培には有機農法を採用。ビオというアプローチを一過性のものとせず、さらに深く理解しそれぞれの区画のテロワールに最適な手法を取り入れるため、 DRCなどでもコンサルタントを務めたフランス人地質学者イヴ・エロディに毎年地質調査を依頼し、改良を重ねています。
収量は非常に低く、平均25hl/haも満たない!
メロイの持ち味である長熟のポテンシャル、そして甘美な果実味と凝縮感は、この過酷なまでの低収量と絶妙な樽使いから生まれます。
またパオロは、ワインに対するのと同等の情熱を代々受け継がれたトラットリアにも注いでおり、手がけるワインのほとんどがここで飲まれてしまうため、一般には入手困難な生産者のひとりです。
クオリティを求めた妥協なきワイン造りが見事に実を結び、その躍進を陰で支え続けるポントーニ氏も太鼓判を押す造り手となったメロイ。
国内外の専門各誌の評価はもちろん高く、『ヴェロネッリ』では毎年スーパー・トレステッレ評価を受けています。

関連情報

トップへ戻る