鍵やTOP > ワインTOP > ピエモンテ > ランゲ・ネッビオーロ / 生産者:ラ・スピネッタ

ランゲ・ネッビオーロ 2009

ランゲ・ネッビオーロ / 生産者:ラ・スピネッタ

ランゲ・ネッビオーロ D.O.C   色:赤
3つの単一畑バルバレスコの中の「スタルデリ」の畑の樹齢の若い葡萄樹の葡萄を使用。ファースト・ヴィンテージは2004年。フレンチオークの樽の中でマロラクティック発酵ののち、バリックで熟成させています。タンニンはまろやかでしなやかな印象。

在庫:

品番:70993

配送:クール便推奨

価格:3,500円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

輝きのある澄んだ色調のレッド。

Service:

17〜19℃

Nez:

赤いバラのドライフラワー、ブラックチェリーの花、レッド・カラントなど、小さい赤い実。

Garde:

〜15年

Palais:

スパイシーさが印象的な赤いベリー系の果実味。ネッビオーロの特徴が良く出ているエレガントなワイン。

Cepage:

100%:ネッビオーロ

生産者の紹介

ラ・スピネッタ

ラ・スピネッタ [La Spinetta]

オーナー: カルロ、ブルーノ、ジョルジオ・リヴェッティ (Carlo, Bruno and Giorgio Rivetti)

ピエモンテ州に数多くある、小規模で高品質なワイン生産者の中でも、世界中で高い評価を得ているワイナリー。
1977年にジュゼッペとリディア・リヴェッティによって設立。
"ラ・スピネッタ"とは、ピエモンテ州に連なる丘陵の頂上を意味しています。
ジャンカルロ、ブルーノ、ジョルジョのリヴェッティ3兄弟が、祖父の代からの夢を引き継いで、ワイン造りに取り組んでいます。
彼らの醸造哲学は、「高品質ワインの追求」。
ブドウ畑の耕作作業から最終段階の瓶内熟成に至るまで、全ての工程で妥協を許しません。
故郷の大地と自然を深く敬愛し、土着のブドウ品種にこだわりながら、なおかつ新しい試みに挑戦していく彼らのワインは、数々の栄誉ある賞を受賞しています。
ラ・スピネッタ 有名なラベルのサイは、中世ドイツの木版画家が実際は見たことのないインドサイ 「Indian Rhinoceros 」を、特徴を記した文章のみから想像し描き上げた画だとか。(ロンドンの大英博物館に原画がある。)La Spinettaの作りだす力強いワインを動物に例えると、力の強いサイのイメージだそうです。

The properties:
LA SPINETTA;Castagnole Lanze, Piedmont - since 1977
LA SPINETTA Campe;Grinzane Cavour, Piedmont - since 2000
LA SPINETTA Casanova;Terricciola, Tuscany - since 2001

所有畑面積:トータル165 ha

生産ワイン:
Barolo/Campe (20,000 bottles)

Barbaresco/Valeirano (7,000 bottles)
      Gallina (11,500 bottles)
      Starderi (15,500 bottles)
      Barbaresco Bordini (13,000 bottles)

Barbera;Bionzo (26,000 bottles) Gallina (10,000 bottles) Ca di Pian (80,000 bottles)

Blend;Pin(53,000 bottles)

Nebbiolo;Langhe Nebbiolo (36,000 bottles)

Chardonnay;Lidia (3,000 bottles)

Sauvignon Blanc ;Langhe Bianco (3,000 bottles)

Moscato;Bricco Quaglia (110,000 bottles), Biancospino (100,000 bottles)

Sangiovese/Colorino;Il Nero di Casanova (160,000 bottles), Il Colorino di Casanova (15,000 bottles)

Il Gentile di Casanova (15,000 bottles) Sezzana (10,000 bottles) and Sassontino (10,000 bottles)

Vermentino;Vermentino (32,000 bottles)
Moscato Passito ;Oro (4,000 half bottles)

関連情報

トップへ戻る