鍵やTOP > ワインTOP > トスカーナ > サンマルコ / 生産者:カステロ・ディ・ランポッラ

サンマルコ 1994

サンマルコ / 生産者:カステロ・ディ・ランポッラ

トスカーナ I.G.T.  色:赤
先代のアルチェオ氏が1980年ヴィンテージからフランス品種主体の「サンマルコ」を発表。「スーパータスカン」の先駆けとなり、カステッロ デイ ランポッラの名を一躍有名にしました。カベルネ・ソーヴィニヨン90%、サンジョヴェーゼとメルロ各5%から作られている。サンジョベーゼは3000Lのスロヴェニアオーク、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローは225Lバリックで12ヵ月樽熟、瓶熟5〜8ヵ月。サンマルコの長熟は特に有名!!

在庫:

品番:70461

配送:クール便推奨

価格:5,500円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

エッジがレンガ色がかったガーネット色。

Service:

18〜20℃

Nez:

濃縮したベリー系の果実の香り、カカオ、ビターチョコレート、ミネラル、黒トリュフ等。

Garde:

10〜30年

Palais:

凝縮感の高いチョコレートのような濃厚な味わい。繊細さと滑らかな舌触りを持ちます。熟成により複雑さが増しています。

Cepage:

90%:カベルネ・ソーヴィニヨン、5%:メルロ、5%:サンジョヴェーゼ

生産者の紹介

カステロ・ディ・ランポッラカステロ・ディ・ランポッラ[CASTELLO dei RAMPOLLA]
(Carpanzano / Toscana)

栽培: 他の生産者の畑とは隣接しない、森の中に畑があります。標高は290〜380m、南西から南東向きの斜面。1994年からビオディナミを実践し、畑にはルッコラを始め約30種類の草花が育ち、土はフカフカです。枝を結ぶ紐を植物を乾燥させたもので代用するなど、作業に使うものを出来るだけ自然に近いものにしています。

醸造:
以前、発酵はステンレスタンクで行っていましたが、現在はコンクリートタンクに移行しています。区画、品種毎に発酵・醸造させ、フランス系品種は225リットルのバリックで、サンジョヴェーゼは3000リットルの大樽で熟成させます。ワインに樽の香りをできるだけつけないために、新樽は使いません。 現在はアンフォラ(テラコッタで作られた大壷)でのワイン造りにも挑戦するなど、より自然に近いワイン造りを目指しています。

【ワイナリー概要】
ランポッラのワインが生産されているS.ルチア ファウッレ畑は、"Conca d'Oro(黄金の谷)"といわれるパンザーノ渓谷南部に位置し、1739年以降デイ・ナポリ・ランポッラ家が所有しています。1964年から先代のアルチェオ・デイ・ナポリ・ランポッラ氏が近代的な手法も取り入れたブドウ栽培を初め、凝縮したブドウを造るために高密植、収量制限を行いました。
また、1980年ヴィンテージからフランス品種主体の「サンマルコ」を発表し、フランス系品種のカベルネ・ソーヴィニヨンを主体に造ったワインで、「スーパータスカン」の先駆けとなり、カステッロ デイ ランポッラの名を一躍有名にしました。
アルチェオ氏が他界した後、息子のルチアーノと娘のマウリツィアがワイナリーを受け継ぎ、1996年には父の名前を付けたダルチェオをリリース、瞬く間に人気ワインとなりました。
「ダルチェオ」は「サンマルコ」と同様にガンベロ・ロッソ、ロバート・パーカーなどで高評価を得ました。ランポッラは華々しい名声が先行してしまいがちですが、その葡萄造りに対する真摯な姿勢は脈々と引き継がれていて、気負いなく淡々と畑に接するのがランポッラの真の姿です。

関連情報

Pays : Italy

Region : Toscana

Appellation : Toscana I.G.T.

トップへ戻る