鍵やTOP > ワインTOP > スペインワイン > フィンカ・レメンディオ / 生産者:ボデガス・アバニコ

フィンカ・レメンディオ 2012

フィンカ・レメンディオ / 生産者:ボデガス・アバニコ

DO:ルエダ  色:白
ベルデホ由来のフレッシュハーブや黄色い果実のメリハリのあるキャラクターに、ビウラからのリンゴや白い花を思わせる清楚なニュアンス。
ワイン全体からフレッシュでクリーンな香りが漂う。
爽やかで快い飲み口。ルエダの美点が表現されたシンプル・イズ・ベストな辛口白。

在庫:

品番:70285

配送:クール便推奨

価格:1,357円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

うすく緑がかったイエロー

Service:

7〜9℃

Nez:

フレッシュの青リンゴや洋ナシ

Garde:

2〜3年

Palais:

リッチな果実味とフレッシュな酸が心地よい、くっきりとした輪郭をもったワイン

Cepage:

50%:ベルデホ50%
50%:ビウラ

生産者の紹介

生産者:ボデガス・アバニコ生産者:ボデガス・アバニコ
オーナー:フェリックス・ロレンソ・カチャソ(Felix Lorenzo Cachazo)
所有畑面積:25ha



ルエダで代々続くフェリックス・ロレンソ・カチャソは、エミール・ペイノー博士が「フレッシュな白に最適」と土着品種ベルデホとテロワールにポテンシャルを見出したこの地にD.O.ルエダを設立すべく尽力し、今やニューヨーク・タイムズで「大いに楽しめるワイン」の筆頭に挙げられるルエダの基礎を築いた生産者の一人である。

マドリッドの北西170kmにあるポサルデスに本拠を構え、かつては町中の地下数十メートル下に掘られた古いセラーを使っていたが、1993年に醸造施設を新設。
収穫の大半は夜間に行い、セラーの室温は夏でも15度以下に保つなど、果汁が酸化しないよう細心の注意を払っている。
25haの所有畑には樹齢100年のプレ・フィロキセラの区画も保持しており、伝統と最新技術を融合して、ルエダの気候風土が育んだベルデホの個性を活かしたクリーンなワインを手掛けている。

関連情報

トップへ戻る