鍵やTOP > ワインTOP > スペインワイン > リオハ ソトマイヨール ベンデミーア・セレクショナーダ / 生産者:ドメコ・デ・ハラウタ

リオハ ソトマイヨール ベンデミーア・セレクショナーダ 2004

リオハ ソトマイヨール ベンデミーア・セレクショナーダ / 生産者:ドメコ・デ・ハラウタ

D.O.Ca:リオハ  色:赤
醸造所の周囲に広がる所有畑の中からブドウを厳選。オリエンタルなスパイスやラベンダー、ブラックベリーやブラックチェリーを思わせる濃密な香り。スパイシーさとともに口の中に広がるチャーミングな果実味は肉厚で甘く、よく熟したタンニンがジューシーさを引き立てる。豊かな果実と大らかなキャラクターで現代リオハを表現するパワフルなテンプラニーリョ。

在庫:

品番:70840

配送:クール便推奨

価格:1,486円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

少しくすんだ色調のルージュ。

Service:

16〜18℃

Nez:

リエンタルなスパイス、ラベンダー、ブラックベリーやブラックチェリー、カカオ、トースト。

Garde:

3〜5年

Palais:

凝縮感のある果実のパワフルな味わいの中に、タンニンが良く溶けあっている。

Cepage:

100%:テンプラリーニョ

生産者の紹介

生産者:ドメコ・デ・ハラウタ ドメコ・デ・ハラウタ [Domeco de Jarauta](Rioja)

オーナ:Jose Vicente Domeco de Jarauta Ruiz

醸造責任者:Jose Vicente Domeco de Jarauta Pastor

所有畑面積 :120ha

【ドメーヌ概要】

ドメコ・デ・ハラウタは19世紀からリオハ・バハでブドウ栽培を続けてきた生産者である。醸造施設周辺に広がる90haの畑にはテンプラニーリョをはじめ、ガルナッチャ、グラシアーノ、マスエロ(カリニェナ)が栽培され、大きな石がごろごろとした石灰粘土質土壌は水はけがよくブドウが根を伸ばしやすい。乾燥した温暖な気候を活かし、病害に対する予防薬も必要最低限以上の量は使用しない有機農法に近い栽培を行っており、一部の畑では完全有機農法も実施し、より健康でクオリティの高いブドウを得ることに務めている。

醸造においては、最新の醸造施設を備える大手生産者が多いリオハでも特に最新鋭の設備を導入。様々なブドウからそのキャラクターや育った畑の性質を考慮したワインを個別に醸すことができる機能的な醸造設備の他、温度管理はもちろん湿度や密閉状態を考慮した複雑なシステムでワインの熟成に最適な環境を保持できる熟成庫も備えている。

初ヴィンテージが1995年、ワイナリーを設立したのは2005年とワイン生産者としてはまだ若手だが、長らくワイン産業に携わってきた経験と現代的な醸造法から生み出されるワインにはリオハ・バハの美点がモダンに表現されている。ワイン・アドヴォケイトでは既に「厚みがありリッチで多層的なテンプラニーリョの先駆け」と称される、リオハの『今』を体現する新星である。

関連情報

Pays : Spain

Region : Rioja・baha

Appellation : D.O.Ca. Rioja

トップへ戻る