鍵やTOP > ワインTOP > スパークリングワイン > ミッレディ・フランチャコルタ・ブリュット 2009 / 生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ

ミッレディ・フランチャコルタ・ブリュット 2009(ギフトBOX入り)

ミッレディ・フランチャコルタ・ブリュット 2009 / 生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ

フランチャコルタ D.O.C.G   色:白(辛口)
フランチャコルタのRMともいえるフェルゲッティーナ。1,000日間(ミッレディ)以上もの熟成期間を経て醸しだされる深いコクとキメの細かい泡立ちが素晴らしい。イタリアに2台しかないという「マルモニエ」という圧搾機を使用し、搾る果汁は、ブドウの僅か35%のみ!「限りなく上品で繊細、澄み切った」味わい。特許も取得済みというピラミッド・ボトルの形状によって、澱が接触する面積が広くなり、ワインの味わいに、より深さ・コクが増すそうです!
※こちらは専用箱付きの商品となります。

在庫:

品番:71107

配送:クール便推奨

価格:4,770円(税込・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

縁がグリーンがかった輝きのある黄金色。

Service:

9℃

Nez:

エレガントなシトラスとミネラルのノート。

Garde:

Palais:

クリーンかつエレガント。上質な熟成感。心地よい余韻が続く。

Cepage:

100%:シャルドネ

生産者の紹介

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ
[ Azienda Agricola Ferghettina ]

(Adro/Lombardia)

オーナー:ロベルト・ガッティ
所有畑面積:110ha
植樹密度:5,000本/ha(列間2m、樹間1m)
仕立て :ほとんどがグイヨ
醸造:
●圧搾機「マルモニエ」(イタリアでは2台のみ、もう1つはベッラヴィスタ)
・4回圧搾作業を行う(1回30分×4回)
・「マルモニエ」により、ブドウの35%のみを搾る(フランチャコルタの規定では65%まで使用可能。収穫したブドウの半分を他の生産者に売却するので、得られるモストは全収穫ブドウの17.5%のみ
●醗酵
・ステンレス・タンクを使用(7,500Lと16,500L)
・醗酵は畑ごとにタンクを分けて行う → タンクごとにどれが良いか判別できる
・16〜18℃で7〜10日間アルコール醗酵
●熟成
・アルコール醗酵後、不純物を取り除き、そのままステンレス・タンクで収穫の翌年3月まで熟成
●選別
・サテン、エクストラ・ブリュット等にするものを、タンクごとに試飲して決定
●時が育む、熟成というワイン美
搾り終えた果汁は各区画に分けて醗酵、個別で60回程醗酵が行われます。その後全てのタンクを試飲し、どの区画をどのワインにするか選別します。その時に重要になるのが「酸とミネラルの美しさ、そして持続性」だそうです。
その後は瓶内2次醗酵に移りますが、通常のブリュットでは、フランチャコルタの規定の18ヶ月に対し24ヶ月と長く、特にエクストラ・ブリュットに関しては、規定の36ヶ月に対し72ヶ月という、倍の年月を熟成させています。
●瓶内二次醗酵・熟成
・ブリュット  :24ヶ月以上熟成(規定では18ヶ月以上)
・サテン    :36ヶ月以上熟成(規定では30ヶ月以上)
・ロゼ     :36ヶ月以上熟成(規定では30ヶ月以上)
・エクストラ・ブリュット:72ヶ月以上熟成(規定では36ヶ月以上)

*フェルゲッティーナのこだわり*

@通常のフランチャコルタ生産者はフランチャコルタを造る際、「白ワインとして完成されたもの」を選択しますが、フェルゲッティーナでは瓶内二次醗酵をする前にタンクを選別する際、酸度が高いものを選ぶ。長期熟成を経て、結果フェルゲッティーナの素晴らしい品質のフランチャコルタになるため。
A通常のブリュットにしろ、門出のリキュールにしろ、ヴィンテージをまたいで醸造することは絶対行いません。
B良いヴィンテージならどの生産者でもそれなりの品質のワインを造るが、悪いとされるヴィンテージでも本当においしいワインを造る。
C とにかく自分達が納得できる上品、かつ繊細なワインを造る

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ 【アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ概要】

1991年創立と比較的新しいワイナリー。
「ベッラヴィスタ」で18年間、長きに渡り栽培・醸造責任者を務め、その名声を確立した立役者といわれるロベルト・ガッティ氏の情熱の下、わずか5haの畑からスタートしました。

氏の哲学である「エレガンスとフィネス」が最大限に表現された素晴らしい味わいは、創立後間もない時期より評判となり、1997年の「サテン」がガンベロ・ロッソでいきなり最高評価3グラスを獲得(1999年でも再度獲得)。

さらに、「3グラスのフランチャコルタの中で一番素晴らしい」「ベスト・バイ・フランチャコルタ」と評価されるなど、注目を浴びるまでになりました。
現在、その評価は世界的なものになっています。

関連情報

トップへ戻る