鍵やTOP > ワインTOP > スパークリングワイン > サンタ・ディグナ エステラード・ロゼ N.V. / 生産者:ミゲル・トーレス

サンタ・ディグナ エステラード・ロゼ N.V.

コルディエラ / 生産者:ミゲル・トーレス

D.O.マウレバレー  色:ロゼ・泡(辛口)
需要激減で悩む、約50,000軒のパイス栽培農家を救うための試みとして2008年より、トーレスの醸造チーム、地元のタルカ大学、チリ政府が共同の3年がかり研究の結果、高品質のスパークリングワインが開発されました。 商品名「エステラード」はスペイン語で星を意味する「Estrella」に由来した造語で、星のようにきらきらと輝く、スパークリングワインに名付けられました。きめ細やかな泡立ちが長く続く、フレッシュでいきいきとしたスパークリングワインです。

在庫:

品番:70958

配送:クール便推奨

価格:1,457円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

淡いローズピンク。

Service:

6〜8℃

Nez:

ラズベリーやレッドカラントを想わせる赤果実、シトラスの爽やかなアロマ。

Garde:

3〜5年

Palais:

後味のピンクグレープフルーツのようなわずかな苦味が全体を引き締めています。

Cepage:

100%:パイス

生産者の紹介

ミゲル・トーレス 生産国:チリ
生産地域:マウレバレー

スペイン 地中海沿岸、歴史と文化が香る古都バルセロナの近郊、ペネデスにある、個人所有としては生産量世界一を誇るワイナリー、名門トーレス家。
高級スペインワインのリーダーとして、世界120ヶ国という広い国際舞台で活躍する世界的なトップワイナリーです。
「ミゲル・トーレス チリ」は、トーレス社の社長 ミゲル・A・トーレス氏により1979年、チリに設立されたトーレス本家のポリシー「量より質重視」を受け継いだ、プレステージワイナリーです。
新世界ワインブームの立役者となったチリですが、現在のような世界品質のワインとして認められるようになった背景には、トーレス家のチリ進出が重要な役割を果たしています。
トーレスのチリへの進出は、「チリワインの歴史における重要な3日間」のひとつに数えられます。

-----------------------------------------------------------------------------------------
【チリワインの歴史における重要な3日間】
※1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス)
※1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレ・オチョガヴィア)
※1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル・A・トーレス)

6本セット
ミゲル・トーレス社は、売上の5%を日本へ震災義援金として寄付してくれます!
上品質なディリーワインが、まとめて買うととってもお得です。

詳しくはコチラ

関連情報

トップへ戻る