鍵やTOP > ワインTOP > その他の国のワイン > シラー キャンベル・ランチ・ヴィンヤード / 生産者:アントヒル・ファームズ

シラー キャンベル・ランチ・ヴィンヤード 2012

シラー キャンベル・ランチ・ヴィンヤード 2012 / 生産者:アントヒル・ファームズ

A.V.A.ソノマ・コースト   色:赤
アントニオ・ガローニ93+、インターナショナル・ワイン・セラー92!ソノマ・コーストの北端に位置し、太平洋から数キロしか離れていないため、非常に冷涼な気候となる畑。痩せた砂質のゴールドリッジ土壌により、収量が自然と低くなる。生き生きとしたジューシーな果実、透明感とエネルギーに満ちた味わい。熟成はフレンチオークのバリック15ヶ月。

在庫:

品番:73957

配送:クール便推奨

価格:2,986円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

鮮やかな紫色がかったルビー色。

Service:

16℃〜18℃

Nez:

コショウやオレンジの皮、スモーク、プラム、様々な色のベリーが溢れるトーンの高いアロマ。

Garde:

〜8年

Palais:

滑らかなアタックに続く生き生きとしたジューシーな果実にしなやかな酸、細かなタンニンが織りなす味わいは透明感とエネルギーに満ちている。

Cepage:

100%:シラー

生産者の紹介

アントヒル・ファームズ

アントヒル・ファームズ [ Anthill Farms ]
(North Coast / California)

オーナー兼醸造責任者:
アンソニー・フィリベルティ(Anthony Filiberti)、デイヴィッド・ロウ(David Low)、ウェブスター・マルケス(Webster MarquezPeter Knez)
栽培方法:
サステイナブル・アグリカルチャー(セリーズ・ヴィンヤードとコンプチ・リッジ・ヴィンヤードはビオディナミ)。
醸造方法:
アルコール発酵にはプラスティック製の開放型の発酵槽を用いる。一部のブドウは除硬せず、自然酵母のみで発酵を行う。熟成に用いるバリックは全てフレンチオーク。新樽率は畑やヴィンテージによって異なるが、10〜40%と低い。

【 アントヒル・ファームズ概要 】

ンソニー・フィリベルティ、デイヴィッド・ロウ、そしてウェブスター・マルケスの3人は、ウィリアム・セリエムでワイン造りを学んだ2003年に出会った。当時、アンソニーとデイヴィッドは30歳、ウェブスターは24歳だった。彼らは互いに味覚や理想とするワインが似ていたことで意気投合。3人で共にワイナリーを設立する夢を語り合い、ウィリアム・セリエムでの収穫が終わるとすぐにその方法を模索した。

「上手くいくはずがない」―ピノ・ノワールを愛する3人の若者が、共同でワイナリーを立ち上げる際、皆が口を揃えたそうだ。潤沢な資金はなく、畑も醸造施設も持たず、設立者は駆け出しの醸造家が3人という前代未聞のワイナリー、アントヒル・ファームズ。しかし人々の予想とは裏腹に、初ヴィンテージの2004年から間もなく、彼らのワインは他のカリフォルニアのピノ・ノワールとは一線を画すそのエレガントなキャラクターと高いクオリティで、多くのワイン関係者や愛好家を魅了した。世界的なワイン評論家ステファン・タンザーは「見守るべきワイナリー」と評し、ブルゴーニュ評論の権威アラン・メドーは彼らのワインを手に入れるためにメーリングリストへの登録を勧めた。また、この突如として現れたこの新星ワインをフレンチ・ランドリーをはじめとするトップクラスのレストランがこぞって求めた。彼らの確固たるビジョンから生まれたピノ・ノワールは熱狂を持って受け入れられたのである。

3人とも日中は別のワイナリーの醸造家として働いているため、アントヒル・ファームズとしてのワイン造りは深夜に及ぶことも少なくない。夜中の3時に圧搾を始め、それが終わるまでセラーのパレットの上で仮眠をとったことも何度かあるという。その昼夜の別なく懸命に働く様や、醸造タンクに3人が集う様は、ブドウに群がるアリのようとも形容され、ワイナリー名とラベルのシンボルになっている。

設立から10年近くかけ、慎ましいサイズながらも少しずつ畑を増やし、現在ではメンドシーノ・カウンティとソノマ・カウンティの4つのアペラシオンでワインを手掛けるようになった。生産量は格段に増えたが、それでも入手困難な生産者のリストに名が挙がる。年を追うごとに彼らのワインは洗練に洗練を重ね、2011年には、ワイン・アンド・スピリッツ誌で、カリフォルニアのフラワーズやフランスのルフレーヴ、ギガルと並び、世界のトップ100ワイナリーのひとつに選ばれている。

関連情報

トップへ戻る