鍵やTOP > ワインTOP > その他の国のワイン > ガニメット・トロッケン / 生産者:リンゲンフェルダー

ガニメット・トロッケン 2003

ガニメット・トロッケン / 生産者:リンゲンフェルダー

「ガニメット」とは、トロヤの王子で全身黄金色の光を放つ美少年です。ゼウスは大きなワシに変身し、羊番をしていたガニメットをオリンポスに連れて行き、神々の宴の給仕役をさせました。
この神話がラベルに画かれています。
シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の作柄を見て、このワインを造るかを判断するため、ヴィンテージによっては造ることができません。間違いなくグランクリュクラスの赤ワインです!!
糖度:5.8g/l

在庫:

品番:70585

配送:クール便推奨

価格:3,230円(税抜・送料別)

購入する

送料を確認する

Robe:

明るい色調の紫がかったルビー

Service:

16〜18℃

Nez:

カシスリキュール、フランボワーズ、イチゴ、バニラ、リコリス等

Garde:

10〜15年

Palais:

ひと口目にはポートの様なコクとこなれた感じがあり、ふた口目にはジュヴレ・シャンベルタンの様なコシの強い酸が感じられる。

Cepage:

シュペートブルグンダー
(ピノ・ノワール)

生産者の紹介

リンゲンフェルダー(ファルツ)

ミッテルハートにあたる、ダイデスハイム村やフォルスト村の直ぐ北に位置するグロスカールバッハの村で、ワイングートを営んでいるリンゲンフェルダー家は、1570年代にファルツに移転してきたのが始まりです。
以前はアイスワインやベーレンアウスレーゼまで造る個人生産者で、ロバート パーカー Jr.の「バイヤーズガイド5版」で5ッ星生産者として名を挙げられていました。
現在は、アイスワインやベーレンアウスレーゼといったものは造らず、クリーチャー(生き物)ラベルに代表される買い葡萄を用いて瓶詰めしたアイテムなど、より日常飲むワインに軸足を移しています。

「買い葡萄は8km以内の近所の知人からしか買わない。」という言葉からは、彼自身が所有している畑と同じ土壌で、目の届いた畑仕事がされているかどうか把握しておきたいというこだわりが感じられます。
収穫は赤が100%手摘み、白も90%が手摘みです。自分の魂と土地の伝統を反映したワインを造りたいという考えから、酵母は天然酵母のみ使用しています。必要成分を除いてしまうので、清澄はしません。
すべての赤ワインに木樽を使用し、100年使い続けているものもあります。
通常、ドルンフェルダーは大樽で最低12ヶ月、シュペートブルグンダーは一度バリックに入れます。
樽の産地は、以前はフランス産を使用していましたが、“土地を表すワインを造りたいと思っているから、ワインに影響を与える樽もこの土地のものを使いたい”という考えから、現在はファルツ産の樽を使用しています。

関連情報

Pays : テキスト

Region : テキスト

Appellation : テキスト

トップへ戻る