鍵やTOP熨斗(のし)について

熨斗のしについて

◎熨斗(のし)のご注文方法


包装される商品や、御用途にあった化粧箱/包装紙のオプション項目にて選択いただけます。希望の御熨斗をご選択くださいませ。化粧箱をご購入の場合は該当する商品名をご記載くださいませ。包装した状態でご注文された住所へお届けします。
ご希望に添えない要望は備考欄にご記載くださいませ。

一般的なお祝い


「蝶結び」 の のし紙(熨斗紙)を使用。お名前は、ご本人様自身となります。通常は、苗字かフルネーム。法人であれば、会社名のみか肩書を含めたフルネームが一般的です。
例) 出産・昇進・引越・入学・就職…等

一般のお返し


通常の 「蝶結び」 を使用。 上は 「内祝」 が一般的。「御礼」 なども良いですね。下は、ご本人様自身のお名前をお入れします。

出産後のお返し


通常の 「蝶結び」 を使用。上は 「内祝」 が一般的ですが、写真のように「出産内祝」 と明確にされても良いです。下のお名前は、通常 「お子様」 の名前。読み方が難しい場合は 「フリガナ」 を平仮名で入れたりもします。もちろん、弊社でも承りますので、ご希望の方は、その旨をメールや備考欄にてご指示ください。地域により、命名札を使うこともございます。

婚礼の御祝、又は引き出物


婚礼のお祝いは、のし紙(熨斗紙)が通常と異なり、「結び切り」 を使用。これは、蝶結びだと 「ほどけてしまう=縁起が良くない」という風習からです。こののし紙(熨斗紙)は決して間違ってはいけませんので、ご注意を!上は 「寿・御祝・婚礼御祝」 など。下は、差し上げるご本人様自身の名前です。連名で差し上げるときは、右側が目上の方、男性の方がルール。

■ 婚礼引出物 ■
「寿」 が一般的です。下の名入は色々ございます。最も一般的なものは、写真のようにご両家の苗字です。この他、「○○家 ○○家」、あるいはフルネーム、名前だけといったパターン。引出物はメインですので 「苗字」、引菓子を「下の名前」というパターンが一番多いようです。
なお、右側が男性。左側が女性。

婚礼のお返し


縁がほどけないよう「結び切り」 ののし紙(熨斗紙)を使用。上は通常は 「内祝」 ですが、挙式直後であれば 「寿」 も差し支えないようです。下は、御祝を頂戴した側の名前でお出しするのが一般的。また、その際は旧姓を使用。(宅急便で送る時なども、旧姓を但し書きする方が親切です)また、お二人に頂戴した御祝は、連名を入れます。但し、最近はあまり厳密に区別せず、連名のケースも多いようです。

法人の場合


のし紙(熨斗紙)の種類はケースバイケースです。下は、法人名のみと肩書きを含めたフルネームとございます。

一般的な御祝


「蝶結び」の のし紙(熨斗紙)を使用。お名前は、ご本人様自身、あるいは法人名。通常は、苗字かフルネーム。法人であれば、会社名のみか肩書を含めたフルネームを。
例) 中元・歳暮・暑中見舞い・残暑見舞い・手土産・餞別…等

御中元・御歳暮・御年賀


のし紙(熨斗紙)の水引きは白赤の蝶結びがよろしいでしょう。表書は「御中元」「お中元」「お歳暮」「御歳暮」。どれに関してもおかえしの必要はありません。お名前は、ご本人様自身、あるいは法人名。通常は、苗字かフルネームです。

【御中元(お中元)】7月上旬から15日くらいの間に届くように。7月15日を過ぎてしまったら「暑中御見舞」または「暑中御伺い」を用います。8月に入って立秋を過ぎてしまったら「残暑御見舞」または「残暑御伺い」を用います。

【御歳暮】12月上旬から20日くらいの間に届くように。

【御年賀】1月上旬くらいの間に届くように。

一般祝儀用・謝礼用


日常の気軽なお祝いや餞別、謝礼などにも蝶結びが基本です。退職の場合は水引は赤白の蝶結びがよろしいでしょう。表書きは、新たな出発を祝い成功を祈る気持ちと、惜別の気持ちを同時に表す「御餞別」でよろしいでしょう。特にお世話になった方が御定年で退職なさるのでしたら、「御祝」でもかまいません。お名前は、ご本人様自身、あるいは法人名。通常は、苗字かフルネームです。

香典のお返し等


宗派により様々な慣習がございます。写真は、仏教の香典返しの一般的なケース。通常は喪主様のお名前を下に記載。

法要での供物


宗派により様々な慣習がございます。
<仏式>法要に招かれたとき=品物に 「御供」です。「志」はお返しする時に付けるものです。こちらが持っていく物には「御供」です

神式での供物


神社に御神酒を納める場合は、「奉献」・「奉納」・「御神前」・「御供」・「上」、などが一般的とされています。「奉献」・「御供」、などは言うまでもありませんが、「上」、は神様や目上の方に対する御礼の際の表書きに用いられる言葉です。尚、本数は一升瓶1本でも構いません。2本、3本、5本、などの場合もあります。

勲章受章の際などの内祝


のし紙(熨斗紙)の水引きは白赤の蝶結びがよろしいでしょう。表書は、「○○賞受章 内祝」。お名前は、ご本人様自身、あるいは法人名。通常は、苗字かフルネーム。法人であれば、会社名のみか肩書を含めたフルネームが一般的。蝶結びは、結びが簡単に解け、何度も結び直せる意味合いから、何度も繰り返してほしいとの願いを込めて、一般祝事を始め、お礼・ご挨拶・記念・行事などのご贈答に用いられます。

新築祝い


のし紙(熨斗紙)の水引きは白赤の蝶結びがよろしいでしょう。表書は「新築御祝」。御祝いは新築披露の当日に持参するのが一般的。持参できない大きなものは、招待された日の前日までには届くように手配します。蝶結びは、結びが簡単に解け、何度も結び直せる意味合いから、何度も繰り返してほしいとの願いを込めて、一般祝事を始め、お礼・ご挨拶・記念・行事などのご贈答に用いられます。

還暦祝い


のし紙(熨斗紙)の水引きは白赤の蝶結びがよろしいでしょう。表書きは、「還暦御祝」。還暦祝いは祝当日か、一週間前後に贈るのが一般的。名前は贈り主の苗字かフルネームです。蝶結びは、結びが簡単に解け、何度も結び直せる意味合いから、何度も繰り返してほしいとの願いを込めて、一般祝事を始め、お礼・ご挨拶・記念・行事などのご贈答に用いられます。

竣工記念


のし紙(熨斗紙)の水引きは白赤の蝶結びがよろしいでしょう。表書は、「竣工記念」。名前は会社や事業所名を。