さなで醸される
旨みいっぱい麦焼酎

ちんぐとは長崎の方言で長年連れ添った「親友」という意味。重家酒造とちんぐ達が集まって、意見を出しあって出来た焼酎であることから、ちんぐという焼酎名がつきました。

米麹を1/3、麦を2/3の割合で使用しており、米のまろやかで柔らかい味わいもよく引き出されています。また、常圧蒸留した長期熟成酒と、減圧蒸留酒とをブレンドしている為味わい深くもあります。ほんのりと香ばしい麦の香りを残しつつも、後を引かない端麗さも兼ね備えており、派手さはないものの非常に旨みの染み渡る造りとなっています。

お湯割りとの相性も非常に良く、優しい味わい、しっとりと飲むにはとても向いている麦焼酎です。

ちんぐ 白麹 1.8L

商品番号:20416

¥2,124 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料米麹1/3(壱岐産ニコマル)、二条大麦2/3(壱岐産ニシノホシ、はるか二条)
使用麹白麹
度数25度

【蔵元紹介】重家おもや酒造(ちんぐ/確蔵)長崎県

重家酒造/長崎県
重家酒造の酒蔵

長崎県に蔵を構える重家酒造。九州の北部、玄界灘に浮かぶ壱岐の島にある、小さな酒蔵です。重家(おもや)の名前の由来はその昔、酒造元を「重家」と呼んでいたものをそのまま屋号にしたものです。島の風土、自然、それらの心を忘れずに造り続ける焼酎が重家酒造の焼酎。そんな重家酒造のおこりは大正13年(1927年)、横山確蔵によって創業されました。今は三代目となる横山省三がその技術を受け継ぎ、現代に蔓延る機械主義的な焼酎造りを取り入れず、あえて時間も手間もかかる手作りの、本当に美味い焼酎を目指して日夜焼酎造りに明け暮れています。

麦焼酎発祥の地、壱岐の島

重家酒造の酒蔵

壱岐の島は麦焼酎発祥の地と知られ、壱岐焼酎は壱岐の文化の一つでもあります。その起源は16世紀にまで遡るとされ、米麹の甘みと麦の香りが広がる壱岐の麦焼酎は、その500年に渡る伝統的な製法が認められ、WTO(世界貿易機関)のトリプス協定によって「地理的表示」の産地指定を受けました。

世界に目を向けても、産地指定を受けた酒は、ウイスキーではスコッチ、バーボンはコニャック、ワインはボルドーなど、数えるほどしかありません。壱岐の風土、自然、そして島民の人がらをもっと多くの方に知っていただき島民の子供たちに、もっと、壱岐の島を誇りに思ってほしい。そんな蔵人の温かくて、熱い想いの込められた焼酎を是非ともご堪能下さい。
(蔵元資料より一部引用)

重家酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)