味わいは辛口まろやか
キレの良さと芋の甘みが絶品

富乃宝山は黄麹、吉兆宝山は黒麹、
それらに続く白麹で醸された
限定の焼酎が『白天宝山』です。
富乃、吉兆に継ぐ西酒造の3番目の主力商品で、
白麹を使用しており、
黄金千貫(こがねせんがん)を原料に、
常圧蒸留で深い味わいに仕上がっています。
まろやかで辛口のキレの良さと芋の甘みが絶品です。

蔵元ページより抜粋〜
辛口のキレのよさと、舌の上で転がすときに感じるやわらかな甘みを同時に楽しめます。
白麹仕込みが持つよさを、明確にすることにこだわった一本です。
吉兆宝山と飲み比べ、麹の違いを味わうのも一興。

白天宝山 1.8L

商品番号:20083

¥2,819 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料薩摩芋(鹿児島県産 黄金千貫)
使用麹米麹(白麹/国産米)
度数25度
くわしい味わい: 白天宝山 1.8L

【蔵元紹介】西にし酒造(富乃宝山/一粒の麦)鹿児島県

西酒造/鹿児島県
西酒造の酒蔵

創業弘化二年(1845年)、
鹿児島県日置郡吹上町にある西酒造。
「精魂込めた本格焼酎造りを受け継ぎ、
歴史に培われた技術と革新の上に
「心を醸す本格焼酎」をブランドイメージとし、
当蔵独自の焼酎造りに努める」を信念に
今や焼酎界のトップブランドまでに成長した、西酒造。
現在、新たなるコンセプトを掲げ挑戦し続けるています。

焼酎ブームの火付け役

以下、蔵元ページより抜粋〜
人と自然と時のチカラが焼酎をつくる。
宝山は、蔵だけで造るものではない。
「土から酒を造る」ことを心がけなれば、
伝統を守ることも、
新しい酒を造ることもできないはずです。
だらか自ら土に触れ、芋や米という命に向き合い
次の世代へうまい焼酎を手渡す
土台となる農場「屋根のない蔵」。
仕込みが始まる季節まで太陽の下、
畑の上で汗を流す仕事に従事します
すぐそこにある明日のためでなく、
ずっと先にある未来のために。

西酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)