元祖焼いも焼酎
芋は焼いたほうが
断然うまい

「総杜氏 黒瀬安光」が、昭和60年代にやきいも焼酎を製品化して、世に送り出すまでに10年の歳月を費やした,やきいも焼酎の元祖の味を、さらに研究を重ねて、香り高く、旨みと甘みのバランスの良いやきいも焼酎が出来ました。

焼き芋焼酎は、芋の焼き加減が非常に難しいらしく、焼き芋の香りを強くする為、焼く時に焦げる位に焼かないとよい香りが出ません。 しかし、あまり焼き過ぎると焦げた香りがして良い焼酎になりません。
「総杜氏 黒瀬安光」が、芋焼酎に最適な原料芋「黄金千貫」を用いて最適な焼き加減で仕込まれた原酒を昼夜2日間、−5度まで冷却し、手作業で丁寧に不純物を除去することで、焼き芋の甘味や香りが増し、抜群の味わいに仕上がっています。 また、焼き芋は最適な加減で仕込み量を焼くため、24時間交代制のつきっきりの状態で焼き上げるといいます。 味・香りともにしっかりした芋の甘みが強く感じられ、焼き芋の芳ばしい風味が楽しめます。

やきいも黒瀬 720ml

商品番号:20287

¥1,364 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料甘藷(黄金千貫)/米麹
使用麹白麹
度数25度
くわしい味わい: やきいも黒瀬 720ml

【蔵元紹介】鹿児島かごしま酒造(黒瀬安光/阿久根)鹿児島県

鹿児島酒造/鹿児島県
鹿児島酒造の酒蔵

江戸時代寛永の末に阿久根に移住した折口伊兵衛は、
焼酎を造り「千酒(ちざけ)と銘打って販売していました。
薩摩藩主島津光久が阿久根投宿の折に献上したところ、
美味しいと称賛せれ『阿久根諸白』の銘が与えられました。
江戸時代の上質な酒を「諸白(もろはく)」と呼んでいました。
以後阿久根の焼酎と国分の煙草は
鹿児島の特産品として江戸・上方に広まっていきます。
(阿久根市誌より)

昔特別なことは何もない
ただひたすらに焼酎を思い、
好きでいられること—。

焼酎の世界では唯一の「杜氏の里」として
知られる鹿児島県南さつま市笠沙町黒瀬地区。
明治の時代、黒瀬から三人の若者が沖縄に渡り、
泡盛の製造技術を学び戻ります。
この技術を持って黒瀬の地から
九州各地の焼酎の蔵に杜氏・蔵人として出かけました。
やがて焼酎造りの一切を任されるようになり、
『黒瀬杜氏』と呼ばれるようにまりました。
一方、泡盛の麹菌から焼酎に適した黒麹菌が誕生し、
鹿児島で長く使用されていた
日本酒に用いる黄麹よりも、
製法が安定し、良質な焼酎が出来るため、
黒瀬杜氏と共に九州各地に広がりました。

やがて大正の時代に入ると、
芋焼酎に最適な白麹が発見され、
製法も、品質も格段に安定しました。
そして、呑み易い焼酎と評価され、
鹿児島のいも焼酎も全国へと普及していきます。
その本流の焼酎造りの技を、
体で覚えている数少ない杜氏が、
総杜氏 黒瀬安光氏です。

麹使いのプロとして難しい麹を使いこなし、
特色のある味わい深い焼酎造りを指導しています。
【蔵元ページより抜粋】

鹿児島酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)