新酒のフレッシュ
生の新鮮味を火入酒で味わう

2016年に三重県で開催された「伊勢志摩サミット」で乾杯酒に起用されるや否や、全国で引く手数多のお酒となった作。
「作(ざく)」と呼びます。
作を醸す清水清三郎商店は四季醸造を行っている蔵。より良いお酒を造るために設備が充実した蔵では年中お酒を生産することを可能にしています。つまり搾りたてのお酒が年中楽しめるということ。
このお酒では新米を使用しているため、「新酒」として出荷されるこの時期だけの限定酒となります。
華やかで若々しい香り、そして含むと弾けるような旨みが広がります。
新酒ならではの柔らかな米の旨みを感じます。
火入れ酒となりますが、まるで生酒のフレッシュ感を持ち、作らしい瑞々しさを存分に堪能することが出来ます。

作 純米大吟醸 新酒 火入 1.8L

商品番号:12192

¥3,800 +税


購入制限:お一人様【1本】まで

配送方法:常温便可能


使用米国産米
磨き50%
特定名称酒など純米大吟醸/火入れ酒
度数15度
くわしい味わい: 作 純米大吟醸 新酒 火入 1.8L
・2016年「伊勢志摩サミット」で乾杯酒に起用
・華やかで若々しい香り
・まるで生酒のような瑞々しいフレッシュ感

【蔵元紹介】ざく(清水清三郎商店)三重県

作(清水清三郎商店)三重県
清水清三郎商店の酒蔵

【蔵の歴史】
鈴鹿山脈の清冽な伏流水は、
酒造りに非常に適しており、伊勢平野は良質な米が出来ます。
清水清三郎商店は、1869年(明治二年)に若松村にて
大黒屋清水清三郎商店として創業しました。
若松は海に面しており港も近いために、
かつては多くの醸造業が繁栄しましたが、
現在では当社は鈴鹿市で唯一の蔵元となっています。
清水清三郎商店は、昔ながらの伊勢杜氏
(農閑期の出稼ぎではない地元の杜氏による酒造り)の
伝統を引き継ぎ、鈴鹿で生まれ育った杜氏が
歴史史実に負けない「味酒」を精魂込めて醸しています。

鈴鹿の酒の歴史は古く、倭姫命(やまとひめ)が
天照大神(あまてらすおおみかみ)の命を受け、
鎮座場所を現在の伊勢神宮に定めるまでの
行幸の様子を書いた
「倭姫命世記」(やまとひめのみことせいき)に
味酒鈴鹿国(うまさけすずかのくに)の記述が見られます。
今も鈴鹿川流域の川俣神社では、
毎年「味酒祭」が行われております。
これらのことより、「うまさけ」(※注1)とは
鈴鹿に係る枕詞として、現在に伝えられています。
これは、都から伊勢神宮への道中にあたる
鈴鹿の酒はおいしいということが、
当時の都の人々のあいだで広く
認知されていたことの証であると考えられます。

清水清三郎商店の酒蔵

【清水清三郎商店の酒造り】
清水清三郎商店では仕込み総量を少なく設定、
総米600kgから800kg程度の仕込みを行います。
これによってモロミの変化などに対応しやすくなり、
より品質の高い酒が出来上がります。
その分、もちろん手間はかかり、大量生産には向きません。
しかしこの規模が、醗酵タンクの中での
麹と蒸米の状態や酵母の働きにとって
ちょうど良い仕込みであることに疑念の余地はありません。

清水清三郎商店では大吟醸だけではなく、
すべての種類の酒をこの大きさの仕込みで行っています。
高品質の酒を目指すことを目標としているからです。
また、かつては、冬の間だけ酒造りを行っておりましたが、
現在では一年間を通じて酒造りを行っています。
設備に費用を惜しまず、
冷却設備を用いて温度管理が可能な小さなタンクを使って、
約一週間をサイクルとした仕込みを行うこと、
これが清水清三郎商店が行う酒造りです。

清水清三郎商店の酒蔵

【時間が育む味わいと、米に宿る命】
酒の味わいは時間とともに変化します。
搾ったばかりのお酒から漂う麹の香りと、
華やかな香り溢れる新鮮でぴちぴちとした味わい、
夏を越して落ち着いた香りと丸みを増した味わい。
更に時間とともに円熟味が加わっていきます。
しかし大手メーカーの日本酒など、
味の均一化を求めるお酒と
清水清三郎商店の考える日本酒は違います。
地元で美味しい野菜を作る農家の野菜のように、
天候や季節で変化する味わい、
味は変わりますがそれぞれに美味しいものです。
その時々に、できることをすべて行い、
最高の品質の酒を造ることこそ、
農業製品としての酒だと考えています。

収穫された米を使ってその命を余すことなく
生かして行う酒造り、
酒になっても米の命は生き続けているからこそ、
味わいも変化し続けて行く。
米の命を生かし続ける酒の造り方を
求めることが清水清三郎商店のやり方です。

清水清三郎商店の酒蔵

【ひと手間に全力をかける】
酒造りにおいて
「一麹、二もと(酒母)、三醪(もろみ)」
という言葉があります。
一番大事なのは麹造りだ、ということです。
いい麹を作るためには何が必要かと言えば、
いい蒸し米を麹室に持ち込むことです。
いい蒸し米とは、最適な水分含有量があり、
外側がやや硬く中が柔らかい
外硬内軟(がいこうないなん)という状態の蒸し米です。
このような蒸し米にするのに
一番大切なことは、米を洗い、水に漬ける作業です。
その時々によって乾燥具合の違う米を目標とする
水分含有量の浸漬米にするために
秒単位で水に漬ける時間を管理する必要があるからです。
家庭で炊くご飯の精米歩合は95%なので、
長く水に漬けておいても
ある一定以上の水分を吸収することはありません。
しかし、60%、50%、40%という精米歩合の米は
歩合が小さければ小さいほど
急激に水分を吸収してしまいます。
ここで杜氏の腕が必要になってきます。
手で触れて水の温度を確認し、
量りで重量を確認しながら米を
水に漬ける時間を調整するのです。
これが簡単なようでなかなかできない職人技です。
杜氏は常に情熱をもって酒造りに取り組んでいます。
そして国内外のコンクールに於いて
たくさんの賞を受賞しています。