とにかく驚き一本
クリアーでパワフルな味わい

〜自分だけが知る超旨の銘酒〜
「自分だけが知っているめちゃくちゃ旨い酒」。 みんなが集う会に持っていくと知っている人は少ないけれど飲んだ人全員が「ウマイ!」と口を揃えるお酒。
皆様にもそんな特別なお酒が一本はあるのではないでしょうか。
このお酒はまさしくそんなお酒。「鳩正宗」の蔵元より出荷される「八甲田おろし」。ご存知の方、少ないと思います。はっきり言います。このお酒は相当にウマイです。初めて試飲したとき、この味なら1.8Lで四千円か五千円はするだろうと思って、値段を見てビックリ!
香りは完熟したマンゴーやメロンのような香りが花火のようにパッと花開きます。まさしく大吟醸クラスのお酒の香り。含むと柔らかく、石清水のようにキレイな口当たりの酒質。程良い旨みをたたえながら、ピタッと寄り添うキレ味が抜群。ここまで華やかな吟醸香を持ちながら、これほどまでに上品な味わいになっている大吟醸酒はそうあるものではありません。
このバランス感はきっと酒ツウのお父さん方にも納得頂ける味わい。
「自分だけ知るとっておきの一本」として、ここぞという場面で披露して下さい!

八甲田おろし 大吟醸 あらばしり 生 1.8L

商品番号:10677

¥3,200 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米華吹雪
磨き50%
特定名称酒など大吟醸/生酒
度数17度
くわしい味わい: 八甲田おろし 大吟醸 あらばしり 生 1.8L
・華吹雪使用、磨き50%
・完熟したマンゴーやメロンのような香り
・程良い旨みとバツグンの切れ味、ぞして上品な味わい

【蔵元紹介】鳩正宗はとまさむね(鳩正宗株式会社)青森県

鳩正宗(鳩正宗株式会社)青森県
鳩正宗株式会社の酒蔵

【鳩正宗の由来】
明治32年(1899年)、稲本商店醸造部として創業以来、
今日、十和田市で唯一の蔵元として、
酒造り100年以上の歴史を持つ。
「鳩正宗」の名は、昭和初期、蔵に棲みついた
一羽の白鳩を守り神として祀っていたことに由来します。

八甲田・奥入瀬の伏流水から生まれた十和田の美酒

創業当時は、当地を流れる稲生川に因んだ「稲生正宗」の銘柄で親しまれていましたが、
昭和初期のある日、一羽の白鳩が蔵に舞い込み神棚に 住みつきました。
当主の先々代は神への信心が篤く、この鳩を家の守り神として大切に飼い、
死後も鳩神様として祀り、以後「鳩正宗」と改名いたしました。

【モンド・セレクション連続受賞】
モンド・セレクションは
「食のオリンピック」、「食のノーベル賞」と例えられる、
世界的に権威のある食品の品評会。
鳩正宗は平成9年から11年連続で金賞を受賞、
県内最多の受賞を誇る蔵元です。

【全国新酒鑑評会】
【金賞受賞】
平成3・5・6・10・11・14・15・18・20・21・22・25

鳩正宗株式会社の酒蔵

READ MORE (もっと見る)