陸奥八仙を飲むなら
まずはこれ、一番人気
通称「赤ラベル」

果実を思わせる甘い上立ち香、みずみずしい甘味と酸味が藤和し口の中に広がる。濃厚旨口タイプ。料理を選ばず食中酒としてお召上がり下さい。
この蔵の酒にはどれを飲んでも元気一杯の勢いを感じますが、特にこの酒は、熟成によってどんなすばらしい酒になるのかワクワクさせてくれる魅力にあふれています。 実に旨いです。

陸奥八仙 赤ラベル 特別純米 1.8L

商品番号:10250

¥2,800 +税


購入制限:なし

配送方法:夏季はクール便を推奨します。
商品到着後は冷蔵庫にて保管してください。


麹米華吹雪/55%
掛米まっしぐら/60%
特定名称酒など特別純米/生酒
度数16度
くわしい味わい: 陸奥八仙 赤ラベル 特別純米 1.8L
・まっしぐら使用、磨き65%
・みずみずしい甘味と酸味が藤和し広がる濃厚旨口タイプ
・料理を選ばず食中酒としてどうぞ!

 

【蔵元紹介】陸奥八仙 むつはっせん(八戸酒造)青森県

陸奥八仙(八戸酒造)青森県
八戸酒造の酒蔵

南部杜氏伝承の技と独自の手法、
ていねいに磨きあげた陸奥の厳選地米
(青森県特産米「華吹雪・華想い」)
戸大地の石灰岩層の地中深くから湧き出る清冽な水、
【蟹沢伏流水】を用い、凍てつく自然環境の中、
蔵人たちが精魂込めて手造りした逸品です。
特に駒井秀介氏が手がけた「中汲みシリーズ」は、
果実を想わせる吟醸香だけでなく、
しっかりとした味、香り、味わいを支える酸が、キレ味を演出してくれます。

南部杜氏の気骨と技の妙の結晶

「陸奥八仙(むつはっせん)」は青森県八戸市にあるレンガ造りの酒蔵、
創業以来、約230年の歴史がある、八戸酒造(はちのへしゅぞう)が
創業銘柄『陸奥男山』に変わって、主軸銘柄として
10年前に立ち上げた製造量200石ほどの新ブランドです。
青森の造り酒屋として青森にこだわった酒造りをめざし、
八戸酒造に親子三代に渡って酒造りに関わる、
キャリア10年、30代の、伊藤賢一杜氏(36歳・南部杜氏)と
蔵人4人とご子息の駒井秀介氏が手掛けています。

八戸酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)