日本酒が繋いだ世界との架け橋

フランスで活躍する“PHOENIX(フェニックス)”という四人組のバンドをご存知でしょうか。
彼等は2010年にグラミー賞を受賞するなど世界を代表するトップバンドグループです。
そのメンバーの一人が日本酒愛好家で、更には楯野川のファンであったということから楯野川酒造とPHOENIXは親交を持つことになりました。
その出会いを繋いだのがパリで日本食品店を経営する黒田さんという方。
黒田さんは惜しくも2017年に逝去されましたが、その意思を組んで「PHOENIX SAKE COLLECTION」というコラボレーション企画が始動。
そうして開発されたお酒がこの「PHOENIX Sparkling」となります。
PHOENIXメンバーの嗜好に合わせ、甘口で、ガス圧は通常のスパークリング清酒と比較して約半分という絶妙のバランスの味わい。
甘みと酸味が見事に調和しています。
純米大吟醸のスパークリングらしく上品な米の風味が気泡と共に弾けます。
ラベルのデザイン性も良く、「2018年度 全米日本酒歓評会」でも高い評価を受けるなど、上質なスパークリング清酒となっています。

楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Sparkling 720ml

商品番号:12386

+税


購入制限:なし

配送方法:夏季はクール便を推奨します。
商品到着後は冷蔵庫にて保管してください。


使用米山形県産「出羽燦々」
磨き50%
特定名称酒など純米大吟醸/火入れ酒
度数15度

サイズ一覧

くわしい味わい: 楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Sparkling 720ml
・山形県産出羽燦々使用、磨き50%
・甘口で微炭酸、甘みと酸味の絶妙なバランス感
・純米大吟醸のスパークリングらしい上品な米の風味

【蔵元紹介】楯野川たてのかわ(楯の川酒造)山形県

楯野川(楯の川酒造)山形県
楯の川酒造の酒蔵

戦後7000社ほどあったと言われている日本酒の蔵元。
昭和50年代をピークに日本酒の需要が減るとともに
蔵の数も減り続け、現在実際に醸造をおこなっている蔵元は
1300社ほどと言われています。

この厳しい状況を打開し何とか
日本の伝統文化「日本酒」の素晴らしさを
国内外の人に発信し伝えてゆきたい。
楯の川酒造株式会社 日本食の普及とともに、
日本酒が世界の人々に認められ世界中の人々を魅了するような
SAKEになるよう楯の川酒造(株)は邁進して参ります。

ただひたむきに良い酒を造り、
品質だけで勝負していこうという思いを込めて

楯の川酒造の酒蔵

楯野川では、高品質の日本酒を造るため全量酒米での酒造りを行っております。
契約農家様に作っていただいた美山錦・出羽燦々、
そして兵庫県産山田錦を全量自家精米しております。
綺麗で透明感のあるお酒の源は標高2236mの鳥海山の伏流水雪が多い
山形県は非常に良質で豊富な地下水に恵まれております。

楯の川酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)