これぞ黒龍極みの酒
あの高級酒達比肩しうる一本

今や国内外を問わず超有名酒となった黒龍。これまでその黒龍のラインナップには、大変希少な限定商品である『石田屋』『二左衛門』『火いら寿』、季節限定品となる『感謝ボトル』『干支ボトル』の5点しか純米大吟醸規格のものがなく、通年手に入れたり味わうということは困難でした。ですが、この度黒龍酒造より新しく通年商品として発売されるこちらの一本。なんと兵庫・東条地区の山田錦を35%まで磨いて醸される純米大吟醸となっております。ある種掟破りの逸品として発売されるこの一本。黒龍酒造の長い歴史の中に名を刻む商品となること間違いナシです。

化粧箱やラベル、ボトルにまでしっかりとしたこだわりを感じるものとなっています。『石田屋』『二左衛門』と同じ形状の瓶、同じ越前和紙を用いたラベルとなっていて、この一本がどれほどレベルの高いものなのかをしっかりと感じさせてくれます。また、外箱も同じく越前漆器の潤み塗りの化粧箱となっており、外観だけでも地元・福井の文化を織り交ぜた大変なこだわりの詰まったものとなっています。

味わいのほうも勿論非常にハイレベルな逸品となっています。2017年より稼働している正龍蔵での非常に高品質な大吟醸酒を造る技術とノウハウによって生まれたこの『黒龍 純米大吟醸』。厳選した東条地区の山田錦を低温でじっくりと発酵させて醸された一滴からは、主張しすぎることのない様々な果実のような香りが優しく柔らかに広がります。口に含むと上品で気品のあるふんわりとした膨らみと、すっと感じる黒龍ならではの辛さとキレ。その中に美しい旨味も感じられて、素晴らしい完成度を一口でしっかりと実感できるようなレベルの高さは、流石黒龍。贈答品にも、ご自身の特別な日にも、最適の一本です。

黒龍 純米大吟醸 720ml

商品番号:10198

(税込)


購入制限:お一人様【1本】まで

配送方法:常温便可能


使用米兵庫県東条産山田錦
磨き35%
特定名称酒など純米大吟醸/火入れ酒
度数16度
くわしい味わい: 黒龍 純米大吟醸 720ml
・兵庫県東条産山田錦使用、磨き35%
・極みの酒に名を連ねる黒龍最上級の一本
・『石田屋』『二左衛門』とも比肩しうるこだわり

【蔵元紹介】黒龍こくりゅう(黒龍酒造)福井県

黒龍(黒龍酒造)福井県
黒龍(黒龍酒造)福井県 酒蔵

創業1804年(文化元年) 初代蔵元 石田屋二左衛門以来、手造りの日本酒を追求して来た黒龍。水質に優れた土地柄や松岡藩が奨励したこともあり、全盛期には17を数えた酒蔵も、今となっては石田屋の屋号を持つ黒龍酒造と、 他一軒。これは伝統文化である日本酒造りを頑ななまでに守り続けた結果です。

七代目蔵元水野は同じ醸造酒としてのワインにも深い興味を抱き、フランスやドイツを歴訪。ワイン同様に日本酒を熟成できないかと試行錯誤を続ける一方で、少量で高品質な酒造りだけを追求し続けました。

そうして生まれたのが大吟醸「龍」

黒龍(黒龍酒造)福井県 酒蔵

市販ベースにはなり得ないという酒造業界の常識に屈することなく、全国に先駆けての大吟醸酒の商品化でした。他の酒よりも高額だったことは、酒蔵としての意地でもありました。思えば酒は古来より、ハレの日に欠かせないもの。日ごろ、仕事に励む人々が数少ない祝祭の場で口にしたものでした。そして、そんな姿勢に強い共感を示す若手の蔵人たちのたゆまぬ努力が、日本中、世界中の愛飲家たちを虜にしてしまう所以でしょう。
〜黒龍 ホームページより抜粋〜

READ MORE (もっと見る)