フレッシュでジューシーな荒走り
パワフルで凝縮された旨味

白岳仙 純米吟醸 荒走 ARABASHIRI 1.8L

商品番号:10440

¥3,740(税込)


購入制限:なし

配送方法:夏季はクール便を推奨します。
商品到着後は冷蔵庫にて保管してください。


使用米福井県産「五百万石」
磨き麹米:55%/掛米:58%
特定名称酒など純米吟醸/生酒
度数15度原酒
白岳仙 純米吟醸 荒走 ARABASHIRI 1.8L

サイズ一覧

フレッシュでジューシーな荒走り
パワフルで凝縮された旨味

伝統的な酒造りをする安本酒造。昔ながらに冬の寒いさなかにお酒を仕込む「寒造り」が行われています。旧式の槽搾りで無加圧の部分の一番最初に出てきた「初垂れ」の部分だけを直詰めし、限定で「あらばしり」という形で商品化しています。さらに、原酒となり「あらばしり」ならではのフレッシュさが非常にパワフルな、飲み応えのある味わいです。

地元福井県のブランド食材「越前かに」の解禁日に安本酒造169回目の新酒解禁に合わせたそうです。解禁日11月6日に新酒とカニ。まさに冬の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

【店長のコメント】
あらばしり(荒走り/新走り)とは…新米で仕込むモロミを、槽(ふね)と呼ばれる搾り機に、酒袋積み重ねていき、圧力を加える前にモロミの重さのみで自然に流れ出す一番最初のお酒の事を言います。

白岳仙 純米吟醸 荒走 ARABASHIRIの味わい表

【蔵元紹介】 白岳仙 はくがくせん (安本酒造)福井県

白岳仙(安本酒造)福井県
安本酒造の酒蔵

福井のちょうど真ん中、福井市の山間にある安原町にて酒造りを営む安本酒造。安原町の名前は、安本家の原っぱであったことに由来すると言われる程古くからこの土地に住まう家系で、一説によれば平安時代から続くとも言われる非常に長い歴史を持ちます。

元は両替商を営んでいましたが、1853年、越前国・松平藩より銘柄『国府司』の藩直轄酒造業を任ぜられ、以降現在に至るまで酒造りを続けています。
150年超の歴史を持つ安本酒造。現在の建屋は。明治中期から昭和初期に建築された建築物。伝統的な切妻造りを採用した建物となっていて、国の登録有形文化財に指定されています。

福井の魅力が一体となり生む味『白岳仙』

白岳仙の酒蔵

そんな安本酒造の主力銘柄は白岳仙。2001年に誕生した比較的新しい銘柄で、現蔵元兼杜氏でもある安本岳史氏が、これまでの酒造りを根底から見直し、新たなるブランドとして立ち上げました。
銘柄名『白岳仙』は、
・福井の名峰、白山水脈伏流水を仕込み水にしていることの『白』
・山岳に面した福井県東郷の地にて酒造りをしていることの、また、杜氏・安本岳史氏の名から取った『岳』
・山のように人が集まりますように、の願いを込めて『仙』
に由来しています。

白岳仙の酒蔵

白岳仙は原料米の全てに地元福井県産の酒造好適米『五百万石』と『吟のさと』を使用しています。これは、同じ土地の水で育った米を掛け合わせることで、味に一体感を持たせるといった狙いがあります。
冷涼で寒暖差の大きい福井県は、高品質な五百万石を生み出す名産地として全国で知られています。福井で栽培された五百万石は、全国の様々な蔵で使用され、広い層に愛されています。

もうひとつの銘柄米、吟のさと。あまり耳馴染みのない酒米かもしれませんが、安本酒造が力を入れるこだわりの酒米です。山田錦を親に持つ酒米で、2010年に品種登録された、まだ新しい高級酒米です。安本酒造の使用する吟のさとは、減農薬かつ化学肥料不使用の特別栽培地区にて栽培されたもので、ふくよかな香りと程よい旨味、そして高精白に向いている点を特徴としています。

白岳仙の酒蔵

また、ほぼ全ての製品に自社保存のオリジナル酵母を使用。仕込み水、米、蔵内環境に馴染ませた酵母を使用することで、より一体感のある味わいを目指します。
白岳仙の酒質は、データと感性の融合によって組み立てられます。伝統的な酒造りの手法を尽くし、そこに日々の分析によって蓄積された近代的なデータを掛け合わせる、そして、最後は日本酒を知り尽くした杜氏の繊細な感性をプラスする。こだわりと伝統、確かな経験、積み重ねられたデータ。これらが組み合わせさって生まれる白岳仙は、どんな食事にも合うスッキリとした味わいで人々を魅了します。

白岳仙の酒蔵

大切にしたのは『躍る酸』
白岳仙が目指した日本酒、それは福井県産の酒米を用いた純米酒で究極の食中酒を造る事。料理を引き立て、食事の邪魔をしない。また、食事と共に無意識のうちに杯が進んでいくお酒。それにはどういった要素が必要なのか考えた安本酒造がたどり着いたのは、上質な酸味でした。
酸味、と言っても酢のような強い酸味ではありません。まるで躍るようにフレッシュで香り高い酸味が、すっと寄り添うように味の輪郭を作る。そして、その酸味がキレに感じられたり、シャープさを演出したり。この躍る酸こそが、白岳仙の真髄とも言える味です。

白岳仙の酒蔵

白岳仙は、新たなる日本酒造り、そして新たな味わいを求める探求心、そして日々酒質の向上を目指すチャレンジ心。そんな精神を忘れず、進化を止めない老舗蔵が手掛ける、こだわりと情熱の詰まった美しい逸品です。

白岳仙の酒蔵

READ MORE (もっと見る)