篠峯のひやおろし(秋酒)は
珍しい愛山米!

秋酒「ひやおろし」。
秋あがりとはそのひやおろしの中でも秋口に出荷されるお酒のことを表します。
なんとこのひやおろしではあの希少米「愛山」を使用しています。
愛山が使われたひやおろしなど過去の記憶の中でも数本のみ。
・・・、たまりませんね。早速開栓してみましょう。
香りはいたって穏やか。
バナナ様の甘旨い香りがほんのりと香ってきますが、上品な香り立ちです。
ひやおろしは秋の豊饒な食にも合わせられることが多いので、
香りが強すぎると食の邪魔をしていまいます。
つまり、しっかり"秋酒"をイメージして造られているのでしょう。
一口含むと、ぐグ具っっ!と
まるで階段を駆け上るように、旨みの段階を経て最上階にたどり着きます。
ゆっくりと舌の上で転がしてみると、
熟成によるコクと、絶品のまろみが渦を巻いているのを感じます。
開栓直後は旨みと、わずかなフレッシュ感を持った爽やかな印象ですが、
少し日にちを空けて飲むと、
コクが深くなり、苦みが少し顔を出して大人の旨酒といった印象に。
期待通り、いや、期待していた以上の味わい!
秋口のひやおろしはまずはこれで乾杯といきましょう!

篠峯 愛山 純米 秋あがり 720ml

商品番号:12010

¥1,500 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米愛山
磨き66%
特定名称酒など純米/火入れ酒
度数16度
くわしい味わい: 篠峯 愛山 純米 秋あがり 720ml
・愛山使用、磨き66%
・上品なバナナのような甘旨い香り
・熟成によるコクと、絶品のまろみ

【蔵元紹介】篠峯しのみね(千代酒造)奈良県

篠峯(千代酒造)奈良県
篠峯(千代酒造)奈良県 酒蔵

新酒鑑評会にて9年連続(計16回!!)の金賞を受賞している千代酒造。
その受賞回数から凄さが伝わる千代酒造が蔵を構えるのは奈良県葛城山のふもと御所市。
葛城山から流れる伏流水で、古くから美しい水質を持つ土地です。
日本酒にかける思いは熱く、そのコダワリは酒質にもしっかりと反映されています。

時間と手間をかけて風土を醸した酒づくりを

篠峯(千代酒造)奈良県 酒蔵

【篠峯】〜
千代酒造の限定流通品となるお酒が「篠峯(しのみね)」。
この篠峯は、日本酒が持つ独自の魅力を最大限に生かした銘柄です。
冷酒・常温・燗、火入・生、新酒・熟成酒、など
世界では他に類を見ない多種多様の飲み方、製造方法。
同じ米でも産地によって味わいの変わる酒質など、
それらを表現するために生まれた銘柄が「篠峯」です。
様々な酒米、熟成酒、生酒と火入酒、燗酒など多くのお酒を提案しています。
澄んだ香りとキレのある酸、フレッシュな余韻、
そしてそれらが見事に調和した味わい。
「篠峯」が紡ぐ四季折々の味わいは日本酒の真髄を垣間見せてくれます。

READ MORE (もっと見る)