やさしい口当たりはまさに絶品。
デビュー以来不動の人気No.1!

水色のボトルに白いラベル、まるで空と雲、海に浮かぶクラゲ、ラムネとアイスクリーム、
なんて夏にピッタリの見た目も涼しい三連星の夏限定酒。
限定酒シリーズの中でも人気の高いお酒です。
辛さを表す日本酒度が少し高めなので、キリっとした味わいを予想して含むと、良い意味で裏切りが!
米の柔らかい風味を残したうっすらと舞うおりの成分が、程良い甘さを感じさせてくれます。
飲みほしたあとにその辛みの部分がほのかな苦みとして表れ、最初から最後まで飽きさせてくれません。
ただ飲みやすいだけのお酒ではなく、五味をしっかりと感じるお酒です。
飲みやすい上に、日本酒としての魅力も持っているこの一本はハズレなしです!

三連星(白)純米吟醸 おりがらみ生 1.8L

商品番号:10596

¥3,300 +税


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米滋賀県産「山田錦」
磨き55%
特定名称酒など純米吟醸/生酒
度数17度

【蔵元紹介】三連星さんれんせい(美冨久酒造)滋賀県

三連星(美冨久酒造)滋賀県
美冨久酒造の酒蔵

三連星とは、滋賀県甲賀市にある蔵元「美冨久酒造株式会社」で新しく立ち上げた新ブランドのお酒です。
名前の由来は
・若手30代の社員蔵人3人を中心に醸す〈三〉
・種類を純米大吟醸、純米吟醸、純米酒の3種類を中心に出していく〈三〉
・各種類の中に無濾過生原酒(通年商品)、特別限定、季節のお酒の3タイプを出していく〈三〉
・そして・・・現在創業100周年を目前に過去三代の蔵元に敬意を表しての〈三〉
〈三〉がずっと連なり星のごとく輝けるお酒を目指して名づけました。

美しく(美)冨くよか(冨)なのが、
恒久(久)に続きますように

美冨久酒造は、大正6年(1917年)より滋賀県愛知川にある本家より独立。
名前の由来は「美しく(美)冨くよか(冨)なのが、恒久(久)に続きますように」
との思いを込めて2代目蔵元が命名。
21世紀の今、新たな一歩を新ブランド「三連星」と共に歩み始めています。

●甲賀市の歴史
琵琶湖の南、三重県との県境にある甲賀市は、
昔は京都から江戸(東京)へとつながる東海道が通り、
水口宿・土山宿の宿場町として賑わい、多くの旅人が行き交った町として栄えました。
また、甲賀流忍者の里としても知られ現在でも忍術屋敷、忍術村などがあります。
そして、日本六古窯の一つにも数えられる信楽焼の地でもあり、
現在も「ほろ酔い器と地酒展」など日本酒を盛り上げるアイテムのひとつとして発展しています。

美冨久酒造の酒蔵

READ MORE (もっと見る)