芋の本場宮崎の銘蔵が手掛けた
こだわりのプレミアム干し芋!

干し芋 紅はるか 150g

商品番号:61153

¥702(税込)


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


原材料 さつまいも(宮崎県産)
内容量 150g
賞味期限 3ヶ月
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、25℃以下で保存
開封後は、冷蔵保存の上、お早めにお召し上がりください。
このほしいもはナマモノです。暑い季節や暖かい室内では、冷蔵庫での保存をお勧めします。
干し芋 紅はるか 150g
1

サイズ一覧

芋の本場宮崎の銘蔵が手掛けた
こだわりのプレミアム干し芋!

数々の銘焼酎を世に送り出す黒木本店。そんな蔵が運営する農業生産法人・甦る大地の会からこだわりの芋を使った干し芋が入荷致しました。

農作物の生産と共に、リサイクルや自然・地域環境の保全、農作物の安全性と正しい品質管理の為の取り組みを実施、安全かつ高品質な農作物造りを追求する農業作業法人、甦る大地の会。そんな団体が、宮崎の2大産業である焼酎の醸造と養鶏産業によって出る排出物からリサイクルした有機質肥料を使用して、契約農家の方と栽培したこだわりの紅はるかを原料として作り上げた、環境に優しいプレミアムな干し芋です。

手間暇をかけて蒸かし、ウイスキー醸造の際にモルト(麦芽)を乾燥させる為の機械でじっくりと乾燥させた芋は、美しいべっこう色を纏い、硬すぎず、柔らか過ぎず、まさに絶妙な具合。外側が硬く感じるのは、芋から限界まで引き出された糖分が固まっているからで、決して干し過ぎということではありません。噛めば噛むほどに凝縮された甘みが広がり、まるで焼き芋スイーツを食べているようなほっこりとした甘さを堪能できます。

干し芋は近年、豊富な栄養素が健康や美容にも良く、また、素朴な味わいやギュッと凝縮された甘みから密かなブームになっていて、様々なお店から発売されています。中にはしばらく先まで入荷待ち、入手困難になっているものも!こちらの干し芋もあまりのおいしさに即完売間違いナシです!小腹が空いたときのおやつや、お酒を飲まれない方への贈り物にもオススメです。

attention

包装容器から取り出しづらい場合
電子レンジで10?20秒程度温めると、比較的簡単に取り出しやすくなっております。尚、包装容器および内封の脱酸素剤は電子レンジ・湯煎加熱対応の素材となっておりますので、ぜひお試しください。

【蔵元紹介】 黒木本店 くろきほんてん /宮崎県

黒木本店/宮崎県
黒木本店の酒蔵

【当店は黒木本店の正規取扱店です。】

【HISTORY】
明治18年創業。ただ頑なに焼酎を造り続ける日本屈指の焼酎蔵です。芋焼酎「きろく」、麦焼酎「中々」を初めとした焼酎界を代表する焼酎に加え、プレミアの付く「百年の孤独」など、そのラインナップは圧巻。現在では五代目、黒木信作氏を中心に日夜酒造りに邁進されています。

【NATURE】
黒木本店の焼酎造りの根幹とも言えるのが「農業から始める焼酎造り」。土地を耕し、種を蒔き、栽培から収穫までを自分たちの手で行うことです。2004年に設立された農業生産法人「甦る大地の会」で育てられた作物から焼酎は生まれます。製造過程で出た醪などは有機肥料として循環利用。自然から生まれたものを自然に還す、それが黒木本店の焼酎造りです。

【MATERIAL】
「甦る大地の会」の40ヘクタールに及ぶ畑で原料の栽培された有機栽培の原料。水は自然の生い茂る尾鈴山の伏流水とされる地下水。柔らかく、極軟水のこの美しい伏流水は焼酎に優しさを与えます。麹には細心の注意が払われます。職人の手による長年の経験と緻密な計算が必要とされます。酵母は自家培養された酵母を使用。数種類もの酵母を使い分け、その焼酎に合った最適の酵母が選ばれます。

【DISTILLED】
実際の焼酎造りの場面においても黒木本店のコダワリは一筋縄ではいかないものがあります。外気温からの影響を受けにくく、酸素の供給が適度におこなわれる「木桶仕込」によって仕込まれます。木桶で仕込むことにより純粋に培養された酵母だけでなく、木桶に住み着いた乳酸菌などの目に見えない微生物が独自の複雑な味を生み出します。蒸留では熟練の匠が各蒸留器の持つ特性を掴み、さまざまな要素が絡みあうことで蒸留は完成します。

【WILL】
黒木本店の焼酎には"意思"が宿っています。時間も手間も惜しまず、造り上げられた理想の焼酎がその意思を我々に訴えかけます。古くからの文化の継承者としての顔を持つ一方で、探求者でもある黒木本店は、常に前進し続けています。

黒木本店の酒蔵

READ MORE (もっと見る)