閉じる
大信州 夏のさらさら 純米吟醸 720ml
大信州 夏のさらさら 純米吟醸 720ml
大信州 夏のさらさら 純米吟醸 720ml

清流のようにさらさらと
すっきり爽やかな夏酒

大信州 夏のさらさら 純米吟醸 720ml

商品番号:13789

¥1,870(税込)


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米長野県産「ひとごこち」
磨き59%
特定名称酒など純米吟醸/火入れ酒
度数16度
大信州 夏のさらさら 純米吟醸 720ml
1
お気に入り

サイズ一覧

清流のようにさらさら
すっきり爽やかな夏酒

長野県松本にて手づくりを第一に醸されるこだわりの銘酒・大信州より、季節限定品『夏のさらさら 純米吟醸』のご紹介です。

長野県内の契約農家によって丹精込めて栽培されたひとごこちを59%精米で使用。大信州酒造の持つ卓越した技術によって丁寧に仕込まれた純米吟醸・火入原酒です。

軽快に漂う爽やかな吟醸香。口当たりはスッキリと洗練されていて、商品名通りさらさらとした、まるで清流のような飲み心地です。そこから広がるのは程よく整えられた旨みと綺麗な甘み。後からは清々しい辛さが駆け抜け、暑さを忘れさせてくれるような見事な味わいです。飲み込むとさっぱりと爽快なキレで消えていき、『暑い日でもさらっと飲める』というコンセプト通りの仕上がりを楽しめます。

夏といえばスイカ!というように、夏といえばこの一本!と言いたくなる最高の夏酒。綺麗に透き通った岩清水のように涼やかで清涼感のある味わいです。ぜひ冷やしてお楽しみください。

大信州 夏のさらさら 純米吟醸の味わい表

【蔵元紹介】大信州だいしんしゅう酒造 長野県

大信州酒造の酒蔵

凛々しい北アルプスの山々と美しい田園に囲まれた土地、長野県松本。

風光明媚なこの土地に蔵を構え、『愛感謝』の言葉を掲げながら丹精込めて仕込まれる酒が『大信州』です。

信州の雄大な自然に醸される
天恵の美酒・大信州

大信州の酒は全て鑑評会に出す大吟醸と同等の手間暇をかけ、技術を惜しまず手仕事で醸されます。さらに、全ての酒がブレンドされることなく、単一のタンクから瓶詰めされる。いわば『シングルカスク』。そしてほとんどの酒が無濾過原酒。
全ては『美味い』酒のため。蔵人全員が団結し、極寒の蔵で醸し上げた酒はまさに芸術品です。

大信州酒造の酒蔵

『手いっぱい』の酒造り

大信州の酒造りは、細部に至るまでこの上なく手間暇をかけて行われます。そのこだわりは原料から始まり、使用している米はなんと全量契約栽培。契約栽培農家と綿密な連携を取り、丹精込めて栽培された最高品質の酒米「ひとごこち」と「金紋錦」だけを使用します。

収穫された米は玄米で仕入れ、自分たちで品質をしっかりと確認。農家ごとや品種ごとに自家精米をし、蒸しを行い、仕込みます。全てを手仕事で行い、手間暇を惜しむことなく至高の酒を目指して醸す。そこには徹底したこだわりがあります。

自然と対話し、人と対話し、そして酒と対話する。

自然だけでも、人だけでも醸すことのできない。技能と土地の風土が醸す『文化』を大信州は酒に乗せ、おいしいだけの『旨い』ではなく、文化として『美味い』と呼べる酒を創りだすことへただひたむきに目指しています。

自然からの賜り物に感謝を捧げ、声に耳を澄まし、尽くせる限りの人の手を尽くして酒を醸す姿勢はまさに『手いっぱい』の酒造り。その言葉は、大信州の酒の中心となる一本にもそのまま名付けられています。

大信州酒造の酒蔵

『おやっさ』の存在

大信州を語る上で欠かせない存在、下原 多津栄大杜氏。 蔵の内外から『おやっさ』『おやじさん』と呼ばれ親しまれ、2008年91歳で引退するまで75年ものあいだ杜氏を勤め上げた偉大な存在です。

下原大杜氏の教えは現在の大信州の礎となっており、全ての酒にありったけの手間暇をかける酒造りの姿勢や技術、世界観を大信州の遺伝子として受け継いでいます。

「特別なことはなにもしない。うまい酒を作るために必要なこと、まっとうなことをしているだけ」という言葉の通り、同氏の座右の銘であった『和を以て貴しと為す』の精神で一致団結してひたむきに酒と向き合います。

大信州酒造の酒蔵

全ては『愛感謝』という言葉のもと。

この言葉は下原大杜氏の信心深いあり方から生まれた言葉で、大信州の蔵人全員が大切にしているこころです。 今でも造りの季節になると蔵の至る所に貼られます。

道具、米、水、人。そして見えないものにすら愛情や感謝の気持ちをもち、蔵人が研鑽を重ねた技能を備え、全身全霊で醸す天恵の美酒をぜひご堪能ください。

READ MORE (もっと見る)

関連する商品

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る