閉じる
酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023 720ml
酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023 720ml
酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023 720ml

これが酔鯨の集大成 
美しく夢心地に誘う感動の逸品

酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023 720ml

商品番号:13681

¥22,000(税込)


購入制限:なし

配送方法:常温便可能


使用米兵庫県加東市東条町産特上「山田錦」
磨き30%
特定名称酒など純米大吟醸/火入れ酒
度数16度

包装紙

熨斗orメッセージシール

(熨斗を選択された方のみ)表書き

酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023 720ml
お気に入り

これが酔鯨の集大成 
美しく夢心地に誘う感動の逸品

土佐の有名銘柄・酔鯨から蔵のラインナップ中最高峰の逸品『DAITO』のご紹介です。『DAITO』とは画数が最も多い漢字(雲3つに龍3つ。総画数84画)の読み。また、字の中に『龍』が含まれていることから、地元・土佐の偉人の中でも別格の知名度を誇る坂本龍馬に因んで名付けられました。

ビンテージ毎に装いを変えるコレクション性の高いデザインも『DAITO』の楽しみ。2023年のデザインは、石川県能美市に工房を構える陶芸家・牟田 陽日氏によるもので、『revive』という本品のために実際に造られた大徳利をそのままデザインに採用。釉薬の背景に緋色の波から勢いよく水面へと浮上する金色の鯨が抜群のインパクトを放ちます。

最高峰のこだわりはデザインだけではなく、もちろん中身も。酒米の最高峰、兵庫県加東市東条町・特A山田錦を30%まで精米。KA-1酵母と協会1801号酵母を使用し、蔵の持てる技全てを注ぎ込んで醸造。さらに最も香味が優れる中取り部分だけをボトリングした後、最高のタイミングまで氷温貯蔵。全てにおいて完璧を追求した、蔵最高峰にふさわしい究極の逸品です。

華やかに開き、儚く消えていくような美しい香り。柔らかな口当たりから立体的に広がっていくのは、複雑な奥深さ。爽やかな甘みと滲むように絶妙な酸、まろやかな旨みと軽快な渋み。さまざまな要素がお互いを引き立て合い、別次元の味わいを形成。飲み込んだ後には軽やかなキレと柔らかな余韻が感じられ、大変美しい味わいを楽しめます。

酔鯨酒造の持つ技術と情熱の結晶と言える究極の逸品。『食文化を豊かにする、プレミアムな日本酒』という酔鯨の考える理想を体現した最高級の食中酒です。大切なひとときの彩りとしてぜひどうぞ。

酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2023の味わい表

【蔵元紹介】酔鯨すいげい酒造 高知県

酔鯨酒造の酒蔵

古くから酒どころとして知られる地、土佐。そこに蔵を構え、1872年より酒造りを続ける老舗が『酔鯨酒造』です。

代表銘柄は酔鯨。銘柄名の由来は、幕末期の土佐藩主、山内容堂の雅号『鯨海酔候』、鯨がいる海の酔っぱらい殿様という意味の言葉から名付けられました。

四万十川や仁淀川という、日本でも指折りの清流をはじめとする美しい水に溢れ、その水が育んだ美しい緑。そして黒潮が流れ込み、豊かな漁場として、更にはホエールウォッチングの名所としても知られる土佐湾。この恵みに溢れる豊かな土地で生まれた酔鯨は、古くから土佐の人に愛され、更に現在では国内だけでなく、世界中の人々に親しまれています。

鯨が遊ぶ海から世界へ
『芳醇辛口』な土佐の食中酒

酔鯨酒造の酒蔵

長浜蔵と土佐蔵

創業150余年の長い歴史を持つ酔鯨酒造は、2つの蔵を保有しています。
ひとつは通称『長浜蔵』と呼ばれ、創業当初より稼働している歴史ある蔵です。特別純米酒や、現在の酔鯨酒造の原点とも言える商品、『吟麗』が生まれ、現在も醸造を続けている蔵です。

この長浜蔵は、高知きっての名勝地、桂浜にも近く、また、蔵の前を通る道は古くからお遍路を回る為の遍路道として利用されていたこともあり、商店街として大変賑わいを見せていたそうです。
元々、酒造業を始める前は、雑貨商を営んでいた酔鯨酒造にとって、最適な土地だったのかもしれません。

酔鯨酒造の酒蔵

そして、この長浜蔵と対極的な存在になるもう一つの蔵が土佐蔵。2018年に新しく稼働したこの蔵では、酔鯨の純米大吟醸のなかでも、最上位クラス『DAITO』を含む高級品、ハイエンドコレクションを中心に製造しています。

一度に1,800kgもの玄米を処理できる巨大な精米機や、より一層丁寧な発酵管理を行うために小さいタンクサイズでの仕込み、隅々までこだわり抜き、原料米の精米から商品瓶詰めまでを理想の環境で行うための気配りや最新の機器、酔鯨酒造の酒造りの技術が詰まっています。

酔鯨酒造の酒蔵

世界の食卓に酔鯨を!

酔鯨酒造は、自社の製品を通じ、人と人との距離を縮め、お酒を片手に笑顔で食卓を囲んでもらい、世界を平和にしたい、というビジョンのもと、食中酒として多くの食卓で愛される一本を目指し、酒を醸しています。

元々、酔鯨酒造のある高知県では、新鮮な食材から作られた料理を、酒と共に楽しむという文化がしっかりと根付いていました。
その文化に寄り添うように、酔鯨はどんな食事にも合わせやすく、香りがおだやかで、キレがよく、旨味をしっかりと出す、『芳醇辛口』な酒質を目指し醸されており、日々の食卓や特別な日の食事を華やかに彩ります。

酔鯨酒造の酒蔵

また近年は、『Enjoy SAKE Life』をテーマに、世界中のお客様にお酒の美味しさ、楽しさそしてお酒を楽しむシーンにおいて最高の感動を届けたい、という考えに基づき、海外出荷やイベント等、グローバルな展開をしています。

土佐から世界へ羽ばたく、鯨の海の旨い酒。日本国内だけではなく、世界的に高い人気を誇る銘柄です。
楽しさや嬉しさを込め、丁寧に仕込まれる土佐の美味い酒を、ぜひご賞味ください。

READ MORE (もっと見る)

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る